明らかに謝罪が必要な場面において、素直に謝ろうとせず、その場をやり過ごそうとする人と遭遇したことはありませんか。中には、「ごめんなさい」の一言さえあれば問題なく収まったはずなのに、謝罪の言葉や態度が全くないことによって、さらなる大トラブルに発展するケースも見受けられます。

 こうした、「素直に謝れない人」が職場や家庭にいるという人は少なくないようで、「同僚がこのタイプで、仕事に支障が出ることがある」「非があってもかたくなに謝らない妻と、最終的に大げんかになる」「自分の過ちを認めたくないのかな?」「どうして一言『ごめん』って言えないんだろう…」など、さまざまな声が聞かれます。

 謝罪が必要な場面で「素直に謝れない人」の心理とは、どのようなものでしょうか。心理カウンセラーの小日向るり子さんに聞きました。

相手との間に「優劣」の意識がある

Q.明らかに非があり、謝罪が必要な場面であるにもかかわらず、素直に謝ろうとしないタイプの人がいますが、これはどういう心理からくる行動・態度だと思われますか。

小日向さん「大きく4つの心理状態があると考えられます。1つ目は『鈍感』あるいは『無知』で、そもそもそれが謝るべきことであるという意識がありません。2つ目は『防衛』です。自分が謝罪することで、自身に起きる不利益を避けたいという防衛心理です。例えば、仕事でミスをしたときに、それを認めて謝罪してしまうと、懲戒など自身に不利益があることが予測される場合、認めて謝罪することをためらう心理が働きやすくなります。

3つ目は、負けず嫌いが強い性格傾向です。事実がどうであろうと、『謝ったら負け』という価値観があります。そして、4つ目は他罰的思考です。『こんなことになったのは◯◯が悪いからだ』と社会や他人のせいにして、自身の行いを正当化する思考です。1つの心理が要因になることもありますが、これら複数の心理状態が絡み合っている場合もあります」

Q.「素直に謝れない」という性質は、どのように形成されるのでしょうか。

小日向さん「『他の人には素直なのに、パートナーに対してだけ謝罪しない』といった“特定の人”だけに謝らないケースの場合、その人は相手との間に『自分の方が格上』という上下意識を持っている可能性があります。

また、相手が誰であろうと謝罪しない人は、謝罪したことで当人がショックを受ける体験をしたり、そうした体験を繰り返し受けたりしてきた可能性があります。例えば、『素直に謝罪すれば許してあげると言われたため、認めて謝罪したところ、実際は許してもらえなかった』など、『謝罪して損した』『謝罪感情が裏切られた』といった体験や、逆に、『罪を犯しているのに、かたくなに認めなかったら無罪になった』といった、謝罪しないことによって得をした体験です。

これは、自身の体験だけではなく、成長過程で影響を受ける人のそうした姿を見てきたことで、それが本人の価値観として根付くこともあります」

Q.素直に謝れない人と、謝れる人の違いは何だと思われますか。

小日向さん「男女関係なく、『Aさんより私の方が格上』といったように、対人との関係で優劣をつけたがる人は、素直に謝ることができない傾向が高いと感じます。本来、謝罪とは、対人ではなく起きた事象に対する行動ですから、『上司が部下に謝罪する』『先生が生徒に謝罪する』ということもあり得るわけです。しかし、謝らない人は、相手との間に優劣をつけて『自分が上だ』という意識があると、どんな事象が起きようと『謝罪しなくてよい』という思考に至りがちです。そこに、先述した他罰的思考傾向が加わると、強固に謝らない人になってしまいます。一方、謝れる人は、相手との関係性がどうであろうと、他人を『一つの人格を持った個人』として尊重するマインドを持っています」

「素直に謝れない人」が「謝れる人」になるには?

Q.素直に謝れない人に対して、「嫌な気持ちになる」「イラッとする」など、接し方に悩む人もいるようです。どのように接するのがよいのでしょうか

小日向さん「割合としてはまれですが、先述したように、『それが謝罪すべきことだと気付いていない』人がいます。そうした人には諭してあげてください。ここで本人が学習すれば、お互いが心地よくなれます。

しかし、それ以外のタイプであれば、謝罪をしてもらうのは諦めることをお勧めします。なぜ謝罪してもらうのかといえば、それは、謝罪によって、被害を受けた側の留飲が下がるからです。しかし、謝る気持ちになっていない人に、強引に謝罪をさせたとしても、留飲が下がるどころか余計に不快な気持ちになってしまうだけです。謝らないのは相手の問題であり、自分には関係ないと考えましょう」

Q.素直に謝れないタイプの人が、その性質を自覚し、改善したいと思ったとき、実際に改善することは可能なのでしょうか。

小日向さん「素直に謝れないという自分自身に気付き、改善をしたいと心から思った時点で、ほぼ改善されているといえます。これは、言い替えればそれほど、『自発的に自覚する』のが難しいということです。

そのため、周囲が本人に働き掛けるしかないのですが、残念ながら、他罰的思考が強い人の場合は、そうした周囲の働き掛けも功を奏さないことが多いです。恋愛相談で多く聞くストレス事として、『どんなに悪くても相手が絶対に謝らない』というものがありますが、こうした関係が長期化している場合、本当に改善を望むのであれば、一度別れるしかありません。つまり、それくらい思い切ったことをしなければ、成人した人間の『謝らない』というパーソナリティーを変化させることは難しいのです」