日本以上の学歴社会とされる中国では、9月の大学入学を目指して、6月上旬に「高考(ガオカオ)」と通称される全国統一の大学入試があります。高校生が猛勉強する姿が報道され、その過酷さが強調されますが、なぜそこまで熱心になるのでしょうか。ノンフィクション作家で中国社会情勢専門家の青樹明子さんに聞きました。

運命を変える「唯一のツール」

Q.そもそも「高考」とはどういう試験なのでしょうか。

青樹さん「全国統一の大学入試で、1952年に始まり、正式名称は『普通高等学校招生全国統一考試』といいます。日本の大学入学共通テストとよく比較されるのですが、まったく別物だと考えてください。6月7日、8日の2日間(一部地域は3日間)で、必須科目の国語、数学、外国語と、歴史や政治などの選択科目を受験して、合計6科目750点満点で競います。そこまでは日本と似た形式ですが、中国は『高考』の一発勝負で、その点数によって、入れる大学が決まります。日本の2次試験のような大学個別の試験はありません。

受験生は自分の志望校を、第1志望、第2志望…と出せますが、北京大学や清華大学といった超一流大学を含む『211重点大学』(中国政府が21世紀に向けて重点的に投資すると決めた100の大学)に希望が集中します。一流大学を目指す争いは熾烈(しれつ)です。

なぜ熾烈かというと、中国は超学歴社会で、有名大学の学位を取ることが、いわば『勝ち組』への第一歩となるからです。高考は『運命を変える唯一のツール』といっていいかもしれません」

Q.「運命を変える唯一のツール」とは、どういう意味でしょうか。

青樹さん「私が40代のとき、初対面の中国人、50代の女性と名刺交換したのですが、その場ですぐに『お父さんは何をしている人ですか』と聞かれて驚きました。私が学生だったらそういう質問もあり得るでしょうが、大人同士の名刺交換の場でいきなり聞かれると奇異な感じがします。中国人の説明によると、中国では父親の職業で、その人のすべてが分かるということなのです。

中国には『富二代』(富豪の子ども)、『官二代』(政府幹部の子ども)という言葉があります。お金持ちの子はお金持ち、お父さんが権力者なら権力者になれる、といった風に、『勝ち組』『負け組』が生まれた時から決まっているのです。

貧しい家に生まれて、人生を変えるとすれば、一流大学に入って学歴を身に付けて、ようやく人生の競争に参加できるということです。だから高考は、運命を変えることができる唯一のツールといえるのです」

Q. 高考のための受験勉強が「過酷」と聞きますが、どのくらい過酷なのでしょうか。

青樹さん「高校3年生になると、高校はほとんど予備校状態、大学入試のためだけの学校になります。朝8時の授業開始が一般的ですが、生徒たちは6時くらいには学校に着いて、勉強しています。授業後もそのまま学校に残って復習して、夜の10時ぐらいに帰ることも少なくありません。家でも、家事は一切せずに勉強だけしていればいい、という家庭もよく見られます。

ちなみに、高考がある6月になると、注目を集める村があります。安徽(あんき)省の毛坦(もうたん)廠』という農村です。徹底したスパルタ教育で、大学に合格することだけを目指す村です。地元の『毛坦高校』は、別名『大学入試・夢工場』と称されています。

貧しい家庭の子どもたちも多く、運命を変えるには高考で良い成績を出すしかありません。村にはカラオケやネットカフェといった娯楽施設はなく、ファストフードの店もありません。勉強の邪魔になるからと、そういった施設を置かないのです。

受験生は朝6時前に起きて自習を始め、その後授業。夜11時まで授業を受けて、家に帰っても、午前2時まで自習します。翌朝も早くから学校に行くわけですが、もし授業に遅れたら、厳しい罰則があります。日本でいえば体罰ですが、1週間立ったまま授業を受けるのです。

そして、金土日の夜に試験があり、試験結果はランキングで公表されます。教室の席順も、その順位で決まります。大学の合格率はとても高いそうです」

「カンニング専用」腕時計が40万円!

Q.受験勉強がそこまで大変だと、親も熱心なのでしょうか。

青樹さん「親も必死です。中国人は、自分の老後は子どもに面倒を見てもらうのが一般的です。自分の老後の保障もかけて、親も命を懸けています。

先ほど述べた毛坦廠のある母親は、6時前に起きる子どものために、自分は5時半に起き、翌日の午前2時まで、ひたすら子どもの世話をしているそうです。経済的にも負担は大きいのですが、『子どもは大学に行って、自分の運命を変えてほしい。子どもには自分と同じ人生を送らせたくない』と必死なのです

住宅購入の面にも、親の必死さが表れます。レベルの高い名門小中学校のある地域に住むと、大学入学で有利になるため、一般のマンションよりかなり高くても、そういった地域のマンションを買う親は珍しくありません。子どもに質の高い教育を受けさせて、運命を変えさせたいのです。親のなかには、子どもの受験勉強支援に専念するため、離職する人もいます」

Q.全国統一の試験ということは、問題もすべて同じなのでしょうか。

青樹さん「問題は、すべて同じではありません。全国共通の問題で実施する地域と、地域独自の問題で実施する地域があります。北京や上海は独自の問題を作っています。

そのため地域によって、難易度が違ってきます。問題の難易度によって、比較的易しい方から『ハッピー式』『悪夢式』『地獄式』と呼ばれ、地獄式のエリアに住む受験生の家庭が、ハッピー式のエリアに転出することもあります。

地獄式の代表例が、江蘇省です。毎年、試験問題が地獄のように難しく、高考の終了直後から、受験生たちの悲鳴が上がるそうです。ある年では、『英語の問題が1.6メートルもあって、清明上河図(中国の有名な絵巻)のようだ』といった嘆きの声が上がりました」

Q.そこまで熾烈だと、浪人する人もいるのでしょうか。

青樹さん「出願の際に、第1志望だけでなく、第2志望以下の大学も出せるので、浪人することは、昔は考えられませんでした。浪人する人は『人生の敗残者』のように見られていました。中国の社会が豊かになってきて、浪人する受験生が少しずつ出てきましたが、一般的には、浪人する人は少数派です」

Q.日本の大学入試共通テストでスマホを使ったカンニングが事件となりましたが、高考でもカンニングが見つかることはあるのでしょうか。

青樹さん「あります。カンニングを専門とする業者が組織化されていて、ITの先進技術をカンニングに使います。スパイ映画さながらに、盗聴、盗撮が年々エスカレートしています。身代わり受験もありますし、集団でのカンニングもあります。『透視眼鏡』なるものや、闇ではカンニング専用の腕時計が40万円くらいで売られているそうです。

不正防止の対策をする側も、金属探知機や防犯カメラはもちろん、高考直前の6月初めになると、試験会場付近で、電波を遮断するシールドが設置されます。周辺のインターネット環境に大きく影響を及ぼすので、通信会社が近辺の人に連絡します。

不正行為が見つかると、合格取り消しはもちろん、受験資格の3年間剥奪、最高で7年の実刑といった厳しい罰則があります。『ブラックリスト』にも載せられて、就職などへの悪影響も免れません。

史上最大規模のカンニングは1997年、広西省チワン族自治区陸川県で起きました。1600人の受験生のうち、500人以上が不正をしていたとみられています。受験生の3分の1がカンニングをしていたということで、カンニングの痕跡が大量に見つかりました。高校の先生や試験会場の監督官も関わっていたそうです。地域をあげての合格率アップという圧力が、学校などにかかっていて、党籍剥奪や実刑処分を受ける人が続出。およそ200人が合格を取り消されました。関わった教師ももちろん資格剥奪です」

Q.中国では昨年、教育産業への規制強化をしたと思います。高考への影響があれば教えてください。

青樹さん「中国政府は昨年、少子化対策も視野に入れた教育費負担軽減策として、『塾禁止令』ともいえる教育産業規制強化策を実施しましたが、対象は小中学生への教育分野にとどめています。

大学入試への受験対策までを規制するのは、現在の中国政府でも、とてもできなかったようです。もし、規制強化をしたら、社会全体でとてつもない反発が起きるでしょう。1日20時間勉強している子に、『勉強時間を減らしなさい』とはとても言えないということです」