リクルートが運営する「リクルート進学総研」は7月14日、高校生の大学選びの動向を調べる「進学ブランド力調査2022」の結果を発表しました。関東、東海、関西の各エリアの高校3年生に「志願したい大学」を聞いたところ、関東地区の高校生の最多は早稲田大学、東海地区では名城大学が1位に、関西地区では関西大学がトップとなりました。

関西エリアでは「関西大」がトップ

 調査は3月31日〜4月28日、リクルートが運営する「スタディサプリ」会員リストから、関東エリア、東海エリア、関西エリアの高校に通っている2023年3月卒業予定者を対象に、リクルート進学総研が郵送で実施。5334人から有効回答を得ました。

 関東エリアの高校生の「志願したい大学」は、早稲田大学が2年連続で1位となり、明治大学が2年連続で2位。3位は青山学院大学でした。男女別では、男子は3年連続で明治大学が1位。女子は4年ぶりに早稲田大学が1位となりました。文理別では、文系は早稲田大学が3年ぶりの1位、理系は明治大学が6年ぶりの1位でした。

 東海エリアでの「志願したい大学」は、名城大学が6年連続で1位、2位は名古屋大学。男女別では、男子1位が名城大学、女子は南山大学と名城大学が同率でトップとなりました。文理別では、文系は2年連続で南山大学が1位、理系は5年ぶりに名古屋大学が1位でした。

 関西エリアでは、関西大学が調査開始以降15年連続1位。2位は昨年と同じく近畿大学でした。男女別では、男子は近畿大学、女子は関西大学がそれぞれ1位。文理別では、文系は文理別の調査を開始した2009年以降、14年連続で関西大学が1位、理系は大阪公立大学(2022年4月、大阪市立大学と大阪府立大学が統合して開学)が1位となりました。

 調査ではほかに「大学のイメージランキング」なども調べており、結果は「リクルート進学総研」のホームページで見ることができます。