楽天グループは7月19日、ポイントプログラム「楽天ポイント」の累計発行数が3兆ポイントを突破したと発表しました。2兆5000億ポイントを突破した2021年8月から11カ月ほどで、新たに5000億ポイントを発行しています。同社はグループ内での各キャンペーン施策の継続実施やオフライン消費の回復、各種サービス利用の活発化などが要因としています。

平均獲得ポイントは3年間で1.4倍に伸長

「楽天ポイント」は、「楽天市場」や「楽天カード」、「楽天銀行」、「楽天モバイル」など、楽天の各種サービスや提携加盟店などの利用においてためたり、使ったりすることができるポイントプログラム。2002年11月のサービス提供開始から今年で20年を迎えます。累計発行ポイントについては、2017年7月に1兆ポイント、2020年9月に2兆ポイント、2021年8月には2兆5000億ポイントをそれぞれ突破しました。

 楽天会員1人当たりの平均獲得ポイント数は、2019年から2021年の3年間で約1.4倍に伸長し、通算で10万ポイント以上を獲得している会員数は750万(2022年7月1日現在。楽天ID登録ユーザー数)を超えています。

 累計発行数が3兆ポイントを突破した背景について、同社はグループ内での各キャンペーン施策の継続実施を挙げています。例えば、「楽天市場」での大型セール企画である「お買い物マラソン」や「楽天スーパーSALE」、楽天の各種サービスを使えば使うほどポイント倍率がアップする「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」をはじめ、各サービスでのキャンペーン施策を通じてユーザーへのポイント進呈を継続的に行っています。

「楽天カード」ではカード発行枚数の増加やオフライン消費の回復により、取扱高が増加しました。また「楽天ペイ」や「楽天ポイントカード」などでも、加盟店での利用が著しく伸長したほか、「楽天モバイル」では契約者数が増加しています。このように、各サービスの利用が活発になっていることも、累計発行3兆ポイント突破につながったとしています。

 同社は、近日中に「楽天ポイント」3兆突破に関連する特別キャンペーンを実施する予定です。