「高齢者の運転」による交通事故が社会問題となっている昨今ですが、車が“生活必需品”の地域も少なくなく、免許の自主返納については賛否両論です。そんな「免許返納」に関する調査結果が、事故車買取王(東京都八王子市)と事故車買取王「埼玉店」「町田相模原店」「横浜店」「山梨店」から発表されました。

考え始めたきっかけは「交通事故のニュース」が最多

 調査は2022年6月、親が車を所有している全国の40〜50代男女を対象に、インターネットリサーチで実施。1022人から回答を得たものです。

 まず、「親が車を使用する頻度の把握」について聞いたところ、「しっかりと把握している」が21.8%、「ある程度把握している」が48.3%と、7割の人が使用頻度を把握していることが分かりました。

「高齢ドライバーによる事故についてどのように思うか」については、「判断力の低下が影響している」と回答した人が62.2%と最も多く、次いで「運転操作ミスが多い」(25.2%)、「安全確認ができていない」(9.1%)と続いています。「運転中の判断力が低下していることによって、事故につながっている」と感じている人が6割以上いるようです。

 では、親が車を運転することについて、心配なことや不安なことはあるのでしょうか。回答の多くは、やはり「事故の加害者とならないか」(77.8%)、「自損事故で大けがをしないか」(47.9%)でした。また近年、「あおり運転」が問題になっている背景から、「あおり運転の被害者とならないか」(15.4%)を不安に思う人も一定数いるようです。

 さて、親が車を所有している人たちは、「免許返納」についてどのように考えているのでしょうか。「免許返納についてどう思うか」を聞いたところ、「交通事故を起こすリスクが少なくなる」が68.3%と最も多い結果に。車を運転しなくなることで、交通事故を起こすリスクが少なくなるというメリットを感じている人は、やはり多いようです。

 一方で、「移動手段が減ってしまう」(64.1%)、「買い物が面倒になりそう」(49.3%)、「外出の機会自体が減ってしまいそう」(46.7%)といった回答も多く、移動手段が徒歩や自転車、公共交通機関などに限られてしまうことによるデメリットも感じていることが分かりました。

 では実際、親に免許返納について話したことがある人はどのくらいいるのでしょうか。質問したところ、「ない」が60.8%、「ある」が39.2%という結果に。親の免許返納を気にしていても、実際に話をしたことがある人はまだそれほど多くないようです。

 また、「親の免許返納について考え始めたきっかけ」については、「高齢ドライバーによる交通事故のニュースを見たこと」と回答した人が71.7%と最多でした。次いで「注意力や判断力が低下してきたこと」(29.8%)、「親の運転に不安を感じたこと」(22.5%)と続いており、高齢ドライバーによる事故のニュースを見たことで、親の免許返納について考え始めている人が非常に多いことが分かる結果となりました。

 調査結果を受けて、同社は「免許返納は、高齢になりつつある親にとってデリケートな部分でもあるため話しづらいと感じるかもしれないが、しっかりと家族で話し合うことが大切」とコメントを寄せています。