蚊に悩まされる季節になりました。蚊取り線香や虫よけスプレーで対策をする人も多いと思いますが、人と一緒に暮らす犬も蚊に刺されることがあるのでしょうか。また、刺されると人間のようにかゆみを感じたり、刺された場所をかいてしまったりするのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

フィラリア症に要注意

Q.犬も蚊に刺されることがあるのでしょうか。刺されるとかゆみを感じたり、刺された場所をかいたりするのですか。

増田さん「犬も蚊に刺されます。日本では、アカイエカ、トウゴウヤブカ、ヒトスジシマカといった蚊が多く存在しますが、これらは犬の血も吸います。

人間は蚊に刺されるとかゆみを感じますが、これは吸血する際、血液凝固を抑制する物質を蚊が注入し、その物質がかゆみを生む原因となっています。蚊が吸血するメカニズムは犬でも同様のため、犬もかゆみを感じると考えられています。しかし、人間ほどには強いかゆみは感じないようで、頻繁に皮膚をかくことは少ないようです。

ただし、犬によっては蚊の吸血に対して強いアレルギーが発生する場合があります」

Q.蚊に刺されたことによって病気になることがあるのでしょうか。

増田さん「蚊が関連する疾患の代表として、『犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)症(フィラリア症)』があります。

蚊が『犬糸状虫』という寄生虫にすでに寄生を許している犬の血を吸うと、蚊の体内に犬糸状虫の幼虫が入り、その蚊が他の犬を吸血する際に、蚊の体内にいた幼虫が他の犬に寄生します。幼虫は皮膚から血管に入り込んで数カ月かけて育ち、最終的に心臓や肺動脈に成虫が寄生します。

犬はこの虫に寄生されると、血液循環が悪くなる『循環不全』や、腹水がたまるといった症状が出ます。治療をしても寄生される前と同じ状態には戻らないので、とにかく寄生させないための予防が重要です。

犬用のフィラリア予防薬がありますが、これは蚊に刺されることを予防する薬ではなく、蚊に刺された際、体内に侵入した幼虫を若いうちに駆除するものです。適切な時期に適切な用量の薬を使って、犬糸状虫症にならないよう気を配ってあげましょう」

Q.刺されやすい犬のタイプはありますか。

増田さん「人間の場合、蚊に刺されやすい要素として、二酸化炭素の排出量の多さや体温の高さ、発汗量の多さなどがあるといわれます。

犬は人間と異なり、大量の汗をかける部分は限られていますが、皮膚呼吸はしているので二酸化炭素を排出しており、二酸化炭素の排出が多ければ、それに合わせて蚊が寄ってくることが考えられます。なお、犬種による差異はあまりないと考えられています」

Q.生活環境面ではどうでしょうか。

増田さん「屋外にいる時間が長いほど、蚊に刺されやすくなるほか、水辺や草木の多い場所には蚊が多く存在するので、そのような場所が散歩コースに含まれると刺されやすくなるでしょう」

Q.蚊に刺されないための対策は。人間用の蚊取り線香や虫よけスプレーは使えるのでしょうか。

増田さん「人間用の蚊よけとして、昔から蚊取り線香が使われてきました。蚊取り線香の中には、ピレスロイドといわれる殺虫成分が含まれています。人間や犬にとって、ピレスロイドは強い有毒成分ではありませんが、ごくまれに蚊取り線香にアレルギー反応を生じるケースがあります。その場合は使用を控える必要があります。

一般の虫よけスプレーは人間に使用することを目的としており、犬に直接スプレーすることを想定していません。近年は動物用の虫よけスプレーが販売されており、自然由来のハーブを主体とした成分で安心して使えるよう考慮されています。使うのであれば、動物用のものを用意しましょう」