愛犬の「蚊」対策について、先日記事化しましたが、猫の場合も「蚊」対策は必要なのでしょうか。犬のように、蚊が関係する病気「フィラリア症」にかかることはあるのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

虫よけスプレーはペット用を

Q.猫も蚊に刺されることがあるのでしょうか。

増田さん「猫も蚊に刺されることがありますが、人間のように、皮膚が赤くなってかゆみを伴う状態になることはあまりありません。かゆみが発生するメカニズムは人間の場合と同じで、蚊が吸血する際、血液凝固を抑制する物質を注入し、その物質がかゆみを生む原因となります。かゆみが全く発生しないわけではないのですが、人間ほどかゆみを強く感じにくいと考えられています。

ただし、蚊の吸血に対して強いアレルギーが発生する場合があります。かゆみが強いと、蚊に刺された部分を引っかく行為が見られるほか、皮膚がただれるほど毛づくろいをすることがあります」

Q.蚊に刺されたことによって、病気になることはありますか。

増田さん「蚊が関連する疾患の代表として、『犬糸状虫(いぬしじょうちゅう)症(フィラリア症)』があります。犬糸状虫症という名前ですが、猫もかかる可能性があります。

蚊が『犬糸状虫』という寄生虫にすでに寄生を許している犬の血を吸うと、蚊の体内に犬糸状虫の幼虫が入り、その蚊が猫を吸血する際に、蚊の体内にいた幼虫が猫に寄生します。幼虫は皮膚から血管に入り込んで数カ月かけて育ち、最終的に心臓や肺動脈に成虫が寄生します。

猫のフィラリア症は、せきやぜんそくに似た症状がみられます。診断が犬よりも難しく、呼吸器系の他の病気との判別が難しいなど、猫独特の問題があります。

犬の場合は、フィラリア症に対する認知度が高いため、予防率が高いのですが、猫のフィラリア症はまだ十分に知られていないためか、予防をしている飼い主は少ないです。基本的には、予防が最も重要です。猫用のノミ駆除剤の一部にフィラリアを予防できるものがあるので、それらを活用するのがおすすめです」

Q.蚊に刺されやすい猫のタイプや生活環境はありますか。

増田さん「猫の品種によって明確な差があるわけではないようです。また、被毛の長さが蚊に刺されやすくなる要因になることもないと考えられています。生活環境については、例えば完全室内飼育と比べ、頻繁に屋外に出る猫は蚊に刺されることが多いことは考えられます」

Q.蚊に刺されないための対策を教えてください。人間用の蚊取り線香や虫よけスプレーは使えるのでしょうか。

増田さん「人間用の蚊よけとして、昔から蚊取り線香が使われてきました。蚊取り線香の中には、ピレスロイドといわれる殺虫成分が含まれています。猫にとってピレスロイドは強い有毒成分ではありませんが、ごくまれに蚊取り線香にアレルギー反応を生じるケースがあります。その場合は使用を控える必要があります。

体調に問題がない場合でも、猫が頻繁に行き来する場に蚊取り線香を置くことは、やけどや火のトラブルに発展する可能性がありますので、管理には十分注意が必要です。

一般の虫よけスプレーは人間に使用することを目的としており、猫に直接スプレーすることを想定していません。近年は動物用の虫よけスプレーが販売されており、自然由来のハーブを主体とした成分で安心して使えるよう考慮されています。使うのであれば、ペット用のものを使用しましょう」