近年、小回りが利く乗り物として人気が高まっている「電動キックボード」。都市部を中心に利用が進んでいますが、一方で「交通ルールが守られていない」という指摘もあり、さまざまな問題が浮き彫りになってきているようです。そんな「電動キックボードの利用状況」に関する意識調査の結果が、弁護士ドットコム(東京都港区)から発表されました。

車のドライバー「本当に怖い」

 調査は2022年6月、同社の一般会員を対象に実施。1380人から有効回答を得ています。なお、回答者のうち、1都3県の在住者の割合は49.3%です。

 電動キックボードは、最高速度が時速20キロ以下のものについては、16歳以上は運転免許がなくても乗れるとする改正道路交通法が成立し、2年以内に施行される予定となっています。今回の調査対象には、「シェア型電動キックボード」(政府の特例措置により、道路交通法上の「小型特殊自動車」にあたるもの)と、「個人所有の電動キックボード」(道路交通法ならびに道路運送車両法上の「原動機付自転車」にあたるもの)どちらも含まれます。

 まず、「電動キックボードを知っているか」について聞いたところ、「知っている」が92.0%と高い割合でした。一方で、「乗ったことがある」と回答したのは11%と、全体の1割程度にとどまっています。

 次に、電動キックボードに乗ったことがある人に、「運転していて危険を感じた瞬間があるか」を聞くと、「ある」と答えた人は60.8%という結果に。具体的には、「歩行者や自転車、車などと接触しそうになった」「思った以上にスピードが出るものの、段差や隙間の影響を強く受けるため転倒しそうになる」「急ブレーキでバランスが保てなくなる」などの意見が複数ありました。

 他にも、「私が所有するキックボードは、操作性が甘く急停止ができないので、突然飛び出してこられると対処できない」(大阪府在住)、「スピードが出過ぎてしまうので、安定性に不安があった。また、ブレーキのかけ方も難しく、人とぶつからないように十分注意する必要がある」(東京都在住)といったコメントも寄せられています。

 なお、電動キックボードに乗ったことがない人の自由回答では、「車を運転する側から見ると本当に怖い。自転車ですらルールを無視した乗り方をする人は多く、事故が増えると思う」という車のドライバーから懸念する声が上がった一方で、「自転車と同じで、乗る人のマナー次第」など、自転車とさほど変わらないという意見もあるようです。

飲酒後「タクシーの代わり」に利用?

 電動キックボードを利用する上で守らなくてはならない「ルール」の認知度についてはどうでしょうか。

 電動キックボードで問題視されているのが「飲酒運転」です。飲酒して終電を逃した後、タクシーに代わる移動手段として電動キックボードを利用し、帰宅するケースがあるようですが、シェア型電動キックボードも個人所有の電動キックボードも、飲酒運転は道路交通法違反にあたります。

 ところが、「電動キックボードでの飲酒運転が禁止されていることを知っているか」について聞いたところ、37.5%が「知らない」と回答。全体の4割近くが、飲酒運転が禁止であることを「知らない」実態が浮き彫りとなりました。

 なお、電動キックボードの利用者のみを対象に同じ質問をしても、23.5%が「知らない」と回答する結果に。今後の利用者増を見据え、交通ルールの周知徹底が課題といえそうです。

 調査結果を受けて、交通事故事件に詳しい平岡将人弁護士は「今回のアンケートの結果を見ると、『飲酒運転が禁止』を知らない人が多いことに驚きました。飲酒をしたら、自動車はもとより、自転車も電動キックボードもダメです」「電動キックボードが街中を走れば、それに起因する事故は必ず起きます。ゼロにするのは難しいでしょう。そうであれば、必ず起きる事故に着目した制度設計をきちんとするのが国家の義務だと考えています」とコメントを寄せています。