マイナビ(東京都千代田区)が運営する「マイナビ進学総合研究所」が、全国の高校3年生を対象に実施した「大学認知度・イメージ調査2022」では、エリアごとの「大学認知度ランキング」1〜20位も発表されました。関東・甲信越エリアの1位は東京大学で、2位は早稲田大学でした。

早稲田大学が2位に

 調査は7月12日〜同28日、進学情報サイト「マイナビ進学」会員リストから抽出した2023年3月卒業予定の高校3年生を対象にウェブで行い、1万974人から有効回答を得ました。そのうち、大学進学希望者8276人の回答を集計。ランキングについては、全国を6つのエリアに分けて、それぞれの在住エリアに本部を置く大学を対象に集計しました。

 関東・甲信越エリアの1位は東京大学で、2位は早稲田大学、3位には明治大学が入りました。

 この調査では、各大学のイメージも調べており、東京大学は「学べる内容が充実している」イメージランキングなどでも1位になり、早稲田大学は「就職力が高い」イメージランキングでトップでした。

 「大学認知度・イメージ調査2022」では、各大学の認知度・イメージをランキング化。結果はマイナビ進学総合研究所のホームページで見ることができます。