夏のレジャーなどで日焼けをした後、肌が「黒くなる」人と「赤くなる」人がいます。中には、肌がヒリヒリと痛んだり、皮がむけてしまったりするケースもあるようで、「こんがり焼きたいのに、いつも赤くなるだけ」「皮がむけてボロボロになったらどうすれば…」「ケアの仕方はそれぞれ違うの?」といった声も聞かれます。

 日焼けによって肌が「黒くなる」人と「赤くなる」人は、何がどう違うのでしょうか。アヴェニュー表参道クリニックの佐藤卓士院長(皮膚科・形成外科)に聞きました。

下着に隠れた「お尻の色」でスキンタイプを知る

Q.まず、「日焼け」のメカニズムについて教えてください。

佐藤さん「日焼けとは、太陽光に含まれる紫外線によって引き起こされる皮膚の炎症や色素沈着のことをいいます。日焼けには、皮膚が赤くなる『サンバーン』と、皮膚が黒くなる『サンタン』の2種類があります。

私たちの皮膚は、紫外線に対して保護作用を持つ『メラニン色素』を皮膚に蓄えることで、有害な紫外線から体表の細胞を守っています。しかし、メラニン色素による保護作用を超える紫外線を浴びた場合、皮膚に炎症が起きて赤くなり、腫れや痛みを伴うようになります。これがサンバーンです。そして炎症が起きると、皮膚の細胞がメラニンをどんどん作り出すようになり、皮膚は黒くなっていきます。これがサンタンです。

通常、サンバーンは紫外線を浴びてから数時間後には出現し、8〜24時間をピークに、2〜3日で落ち着きます。サンバーンが落ち着いてきてから、徐々に皮膚が黒くなってサンタンの状態になります。サンタンは数週間から数カ月続いた後、徐々に元に戻っていきます」

Q.日焼けをした後、肌が「黒くなる」人と「赤くなる」人がいるのはなぜですか。

佐藤さん「人間には、持って生まれた肌の色があります。紫外線に対する反応も肌の色によって異なります。肌の色は主にメラニン色素の量に関係があり、白色人種はもともとメラニン色素が少なく、紫外線に当たっても赤くなるだけで黒くなりません。一方、黒色人種はもともと大量のメラニン色素が皮膚にあるため、日焼けをしません。そして、日本人などの黄色人種は紫外線に当たると最初赤くなり、その後黒くなるという中間の反応をします。こうした紫外線に対する反応の違いにより、『フォトスキンタイプ』として次の6つに分類されています。

・スキンタイプI…白色人種。常に赤くなり、決して皮膚の色が濃くならない
・スキンタイプII…常に赤くなり、その後少し皮膚の色が濃くなる
・スキンタイプIII…時々赤くなり、皮膚の色が濃くなる
・スキンタイプIV…わずかに赤くなり、皮膚の色が濃くなる)
・スキンタイプV…ほとんど赤くならず、皮膚の色がとても濃い
・スキンタイプVI…黒色人種。決して赤くならない

およそ、スキンタイプII〜IVに当たるのが日本人です。単純に、色白の日本人は日焼けで赤くなってあまり黒くならず、色黒の日本人はあまり赤くならず黒くなる、と考えてよいでしょう」

Q.「黒くなる」人、「赤くなる」人のそれぞれにみられる特徴はありますか。

佐藤さん「スキンタイプは持って生まれた肌質なので、年齢や性別による違いはありません。ただ、年齢とともに紫外線を浴びる機会が増えていきます。その人が赤ちゃんの頃よりも大人になってからの方が、顔や手足の皮膚の色は濃くなるので、年齢を重ねるにつれて日焼けで赤くなりにくく、黒くなりやすいようになります。もちろん、生活習慣で常に紫外線を浴びて色黒になっている人は、本来のスキンタイプよりも日焼けで黒くなりやすい反応を示すでしょう。

また、皮膚に色素沈着を来す持病、例えば『アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)』のようなホルモン分泌異常症、慢性のアトピー性皮膚炎、糖尿病などがあるとスキンタイプが濃くなりやすいため、日焼けで黒くなりやすくなります」

Q.自分の肌のタイプがどちらかを判断する方法はありますか。

佐藤さん「紫外線の反応には個人差があります。夏に海や山で日差しを浴びた後、赤くならずに黒くなるか、赤くなるが黒くならないか…といったご自身の経験で、スキンタイプはおおむね判断できると思います。

自分の本来のスキンタイプを知るなら、下着に隠れたお尻の色を見てみるといいでしょう。お尻が白かったら白色人種に近く、地黒なら黒色人種に近い反応を示します。通常、お尻は紫外線に当たることはほとんどないので、その人本来のスキンタイプの色と考えられます」

日焼け後、皮がむけてきたらどうする?

Q.「赤くなる」タイプの人が、紫外線の強い時季に気を付けた方がよいことはありますか。

佐藤さん「赤くなる『サンバーン』タイプの人は、皮膚の炎症が主な原因なので、やけどと同様に適切なケアが必要です。炎症により赤くなるだけでなく、腫れやかゆみ、痛みを生じ、水疱(すいほう)が出る場合もあります。できるだけ皮膚を冷やし、炎症を抑える外用薬を塗りましょう。

日焼けした肌はデリケートなので、摩擦にも注意してください。かゆくても、決してかいてはいけません。顔や体はなるべくたっぷりの泡で優しく、こすらないようにして洗い、タオルもこすらずに優しく当てて水分を拭き取りましょう。

また、血流がよくなる行為は炎症が悪化し、かゆみや痛みが増すのでNGです。湯船につかることや汗をかく運動、過度の飲酒は避けましょう。かゆいときやヒリヒリ痛いときは、とにかく冷やすことが大切です。

なお、赤くなるタイプの人はメラニンを作る力が弱く、細胞がメラニンに守られることなくダメージを受けてしまいます。そのため、肌は黒くなりにくいものの、肌老化しやすく、シミやシワ、たるみが起こりやすくなります。常に日焼け止めを塗って、直射日光が当たらないようにしましょう」

Q.一方、「黒くなる」タイプの人が、紫外線の強い時季に気を付けた方がよいこととは。

佐藤さん「黒くなる『サンタン』タイプの人でも日焼けにより皮膚の炎症は起きているので、まずはサンバーンと同様のケアが必要です。

サンタンによる色素沈着は、紫外線から身を守るための生体防御反応なので、特に治療の必要はありません。色素沈着はしばらく持続しますが、徐々に元の色に戻っていきます。ただ、黒くなった皮膚を少しでも早く元に戻したいという場合は、美容皮膚科に相談しましょう。内服や美白剤の使用、レーザー治療を受けることをお勧めします。

先述した通り、メラニン色素には肌の細胞を覆い、紫外線や刺激などの外敵から守る働きがあります。黒くなるタイプの人は、このメラニン色素を作る力が高いので自己防御力も高く、光老化しにくいです。つまり、赤くなるタイプの人よりも、シワやたるみは起こりにくいといえます。とはいうものの、肌のくすみが目立ったり、ゴワゴワしたりするので、赤くなるタイプの人と同様に日焼け対策をする必要があります」

Q.日焼けによって、皮がむけてしまうこともあります。この場合はどうすればよいですか。

佐藤さん「もともと表皮の細胞は、ターンオーバーを繰り返して定期的に生まれ変わっています。サンバーンを起こすと、炎症によって表皮の細胞がダメージを受けます。ダメージを受けた細胞はターンオーバーを促進させて、早く生まれ変わろうとします。その過程で古い皮膚が浮き上がり、剥がれ落ちていきます。これが“皮むけ”の現象です。

剥がれかけている皮の下には、新しい皮膚が形成されはじめていますが、未熟な状態なので、むけてきても無理に剥がさず、自然に取れるのを待ってください。皮むけを早く治すには、保湿クリームなどでしっかりと保湿をして、皮膚を刺激しないように普段よりも優しくケアをしましょう」