育毛剤の販売を手掛けるホソカワミクロン化粧品(大阪府枚方市)が、男性の「薄毛対策」に関する調査結果を発表しました。

「“薄毛になる前”の対策こそが重要」と後悔?

 調査は2022年9月、現在薄毛に悩んでいる31〜69歳の男性を対象に、インターネットリサーチで実施。200人から有効回答を得ています。

 まず、「薄毛になる前に対策をしておけばよかったと思うか」を聞いたところ、82%が「はい」と回答しました。薄毛を自覚し、悩んでいる今だからこそ、より一層「“薄毛になる前”の対策こそが重要」と後悔している男性が多いことがうかがえます。

「薄毛になる何年か前に戻れるとしたら、予防としてどんな対策を行うか(複数回答)」について聞くと、最多となったのは「育毛剤やスカルプエッセンスを使う」の65.5%でした。次いで、「頭皮マッサージを行う」(54.5%)、「シャンプー・コンディショナーを変える」(52.0%)が半数以上の回答を集める結果となっています。

 同社によると、医薬部外品の薬用育毛剤では「育毛/養毛/薄毛/発毛促進/毛生促進/脱毛の予防/病後・産後の脱毛/ふけ/かゆみ」の9つの効能効果が認められているとのこと。今回の調査結果を受けて、同社は「薄毛で悩み、さまざまな対策や手法を検討してきた200人のアンケート回答者だからこそ、育毛剤を早めに使うことが重要だと考える人が多かったのではないでしょうか」とコメントを寄せています。