無印良品を展開する良品計画(東京都豊島区)が、税込み500円以下の日用品や消耗品を中心に集めた新業態の店舗「無印良品 500」を開始。1店舗目として、9月30日に「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」がオープンしました。

“駅ナカ”や“駅チカ”、街中などに出店

「無印良品 500」は、販売する商品のうち、500円以下の日用品・消耗品が約7割となる店舗。生活必需品となる、洗剤各種や掃除用品、キッチン用品、トイレットペーパーやキッチンペーパーなどの紙類、歯ブラシや歯磨き粉などの洗面用品、化粧水・乳液などのスキンケア用品、シャンプーやコンディショナー、下着や靴下、ノートやペンなどの文房具、スープやカレーなどの食品、クッキーなどのお菓子が販売されます。

 また、通常の無印良品の店舗と比べて売り場面積をコンパクトにし、“駅ナカ”や“駅チカ”、街中など、日常的に来店しやすい生活圏に出店。1店舗目となる「無印良品 500 アトレヴィ三鷹」では、500円以下の日用品を約2000アイテム、全体で約3000アイテムを販売します。

 なお、無印良品では来春以降さらに、500円以下の日用品のラインアップを拡大。2023年春夏シーズンは、約100アイテムの新商品を販売する予定です。また、「無印良品 500」について、まずは2023年2月末までに都心部を中心に30店舗、その後、年間20店舗のペースで出店を計画しているとのことです。

 同社は、「引き続き全国津々浦々の店舗、拠点にて生活者の皆さまに『役に立つ』商品とサービスの提供を行ってまいります」とコメントしています。