衛星放送・通信事業などを手掛けるスカパーJSAT(東京都港区)が、サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会(11月20日〜12月18日)を前に実施した「スポーツ観戦に関する調査2022」では、「今年のMVPだと思うスポーツ選手」も聞きました。野球だけでなく、さまざまなスポーツ選手の名前が挙がりましたが、結果としては、米大リーグ、エンゼルスの「大谷翔平」選手が1位で、東京ヤクルトスワローズの「村上宗隆」選手が2位でした。

大谷翔平選手が1位

 調査は10月25日〜同26日、ネットエイジア(東京都中央区)の「ネットエイジアリサーチ」モニター会員のうち、年に1回以上スポーツを観戦(テレビ中継など含む)する15歳〜79歳の男女を対象にインターネットで行い、1000人の有効回答を得ました。

 全回答者に「今年のMVPだと思うスポーツ選手」を自由回答形式で聞いたところ、ベーブ・ルース以来の「2桁勝利、2桁本塁打」という偉業を達成するなど、米大リーグで輝かしい活躍を見せている「大谷翔平」選手を、528人が挙げて1位に。2年連続のリーグMVPは逃がしましたが、日本のファンは高く評価しているようです。

 2位の「村上宗隆」選手は134人が挙げました。今年は、史上最年少で三冠王に輝き、王貞治さんの記録を抜くシーズン56号本塁打も打ちました。

 サッカーW杯カタール大会のドイツ戦で歴史的勝利を挙げた日本代表からは、久保建英選手が5位タイに入りました。

「スポーツ観戦に関する調査2022」では、スポーツ観戦に関するさまざまな調査をしており、結果はスカパーJSATのホームページで見ることができます。