婚活ならぬ“リコカツ”。「離婚活動」を意味するこのワードは、俳優の北川景子さん主演でドラマ化されたこともあり、にわかに注目が集まりました。

 実際、「離婚したい」と決めてもすぐに円満離婚できるものではありません。離婚後の生活、教育資金のことを考えてやむなく諦める人も、子どもに反対されて迷っている最中の人もいます。私の知人は、40代で離婚を決めて65歳で離婚を決行するまで20年近くお金をため、慰謝料や財産分与の勉強をするなど、夫にひた隠しにしながら準備をしていました。

 では、離婚に至るまでにはどんなドラマがあるのか、実例とともに見ていきましょう。

夫が出て行ってくれたから幸せな未来が開けた

 厚生労働省が公表した、2008年の「離婚に関する統計」を見ると、別居から離婚するまでの平均期間は「1年未満」が最も多く、その割合は82.5%です。この場合、別居する時点である程度、離婚に向けての準備が夫婦ともにできているケースと考えられます。“離婚に向かってまっしぐら”の別居です。

 しかし別居は、お互いの合意がなくても相手が出て行ってしまえば、その時点からスタートします。突然、出て行かれた側に離婚の意思や、準備をする暇はありません。相談に来られた典子さん(45歳、仮名)もそのパターンでした。

 典子さんは当時、6歳と10歳の娘さんと2歳年下の夫、昌宗さん(仮名)と幸せに暮らしていました…と、ご本人は思っていました。

 しかしある日突然、夫は家を出てしまいます。「すごく好きな人ができたから、もう妻と娘たちとは暮らせない」というのです。

 まさに青天のへきれき。典子さんは必死で夫を取り戻そうと試みます。出会った頃のことを思い出させようとしたり、「かわいい娘たちと離れて本当にいいのか」と脅したり、昌宗さんの両親に訴えたりしましたが、彼の気持ちが揺らぐことはありませんでした。典子さんの悪い点は何だったのか、聞いても答えてくれません。

 探偵事務所を使って調べたところ、昌宗さんのお相手は何と、彼が大ファンの某漫画家の娘さんだったのです。ぼうぜんとなった典子さんは、夫を取り戻すことを諦めました。

 離婚を決断した典子さんは交渉材料を着々とそろえ、夫婦二人の名義で購入していたマンションの売却を進め、弁護士に相談し、ベストな条件の契約書を用意。好きになった彼女に夢中になっていた昌宗さんは、離婚してくれるならと全てを受け入れました。昌宗さんの年収がよかったことも幸いでした。

 現在、典子さんは2人の娘さんと生活しています。慰謝料や養育費ももらっていて心に余裕ができたからか、子どもたちに怒ることもほとんどなくなったといいます。

「あのとき、夫に強引にすがらなくて本当によかった。2人の娘と私が幸せに暮らすためにはどうしたらいいかと、自分の知識や人脈を総動員してネクストステージの準備を周到にできたから、今の幸せな暮らしがあると思っています。今は、心穏やかでストレスがないからか仕事面も好調で、結婚していたときよりも収入は上がっています。『夫よ、出て行ってくれてありがとう』と言いたいです」

離婚を決断してから10年以上…いまだに離婚しない理由

 典子さんのようにキッパリと決断し、離婚後、うまくいくケースはまれだと思います。元来の性格や離婚理由などもあるとは思いますが、典子さん自身が職を持った、自立した女性だったことも大きいでしょう。

 かたや、専業主婦で夫のモラハラに悩み、パートタイムでコツコツとお金をためながら、なかなか離婚に踏み出せずにいる雅子さん(52歳、仮名)のような女性もいます。

「就職したばかりの息子と高校生の娘がいるのですが、娘は『自分が就職するまでは離婚してほしくない』と言っているので、まだ離婚できません」と相談に来られてから6年がたち、娘さんは就職しましたが、まだ離婚できていません。

「夫に『離婚したい』と言っているんですが、無視されていて。娘は就職しましたが、『やっぱり離婚はしてほしくない』とも言われます。置いて行くのもかわいそうで、どうしたらいいか分かりません」

 これはあくまで私の持論ですが、就職した娘さんは1人暮らしをすることもできます。親に離婚してほしくない気持ちは受け入れてあげて、雅子さんの今後のことを2人で話してみればいかがか、と伝えました。娘さんはまだお若いので、雅子さんの老いゆく人生後半を想像する力は不足しています。

「お母さんは、こういう人生を送りたい」「お父さんと一緒にいるとその未来が見えない」と目標やイメージを語ってあげると、少しは気持ちを分かってくれるのではないかと思います。

 雅子さんは離婚を決意してから長い月日をかけ、貯金もできました。1人で暮らしていくことはできます。そして雅子さんには、自分の人生を健やかに楽しく生きる権利があります。自分を幸せにすることができるのは自分だけです。子どもではありません。娘さんは支えにはなってくれるでしょうが、依存しあう親子には別の問題が出てきます。

 離婚を決断してから実際に離婚に至るまで、さまざまなドラマがあるでしょう。計画的に“リコカツ”をするか、状況的に追い込まれて“リコカツ”せざるを得なくなるかはそれぞれです。どうであれ、しっかりと自分の幸せを見つめて、自分なりのやり方でベストな選択をしていただきたいと思います。

“リコカツ”のカツは「活動」のカツ。「活動」は自ら動くポジティブなイメージではありませんか。「リコカツしよう」と言葉にする時点で、ポジティブな気持ちを持てたということです。