「毎晩しっかり睡眠を取っているにもかかわらず、日中に強い眠気を感じる」。このような症状について先日、ネット上で話題になりました。昼間の活動に悪影響が生じるほど過剰な眠気が現れるケースは「過眠症」という睡眠障害が疑われ、いわゆる「睡眠不足」とは異なるようです。

 ネット上では「常に眠いんだけど病気だったらどうしよう」「夜8時間しっかり寝ているのに、昼寝しないと耐えられなくてつらい」「寝不足との違いが分からない」「どうやったら治せるの」など、さまざまな声が上がっています。過眠症の原因と症状、治療法について、睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一理事長に聞きました。

社会生活に影響を及ぼす睡眠障害

Q.「過眠症」とは何でしょうか。

井上さん「適切な量の睡眠を取れているにもかかわらず、昼間に強い眠気を感じるようになり、さらには、居眠りや事故など、社会生活に影響を及ぼす症状をもたらす睡眠障害を指します。具体的には、仕事中や会議中など、眠くなってはいけない重要な場面で抑えきれないほどの眠気を感じ、パフォーマンスの低下につながるという症状が出ます。

若年期の過眠症は、脳の中枢神経の障害によって発症する『中枢性過眠症』(ナルコレプシーなど)が少なくありません。一方、中年期は『睡眠時無呼吸症候群』、睡眠中に自覚なく手足が動く『周期性四肢運動障害』、甲状腺疾患、薬物(薬剤)アレルギーの薬などにより発症するケースが見られます。高齢期以降の慢性的なケースでは、体内時計機構の障害を考慮する必要があります。また、パーキンソン病の患者も眠気症状を感じることがあります」

Q.睡眠不足のときも仕事中に眠くなることがあります。「過眠症」と「睡眠不足」は違うのでしょうか。

井上さん「違います。睡眠の役割は、心と体、そして脳の疲労を回復することですが、睡眠不足とは、それらを休ませるための睡眠量が十分でない状態のことをいいます。日々の睡眠不足が借金のように積み重なる、いわゆる『睡眠負債』は、睡眠習慣の乱れによって引き起こされ、短期間では解消しにくいものです。

夜更かしと寝不足を繰り返すと、睡眠時間帯がどんどんずれていきます。リズムの狂った状況で睡眠を取っても、疲労感が取れず、起きても『疲れたまま』の状態になりやすい『社会的時差ボケ』の状態に陥ってしまいます。

一方、過眠症は最初に述べた通り、適切な量の睡眠を適切なタイミングで取れていても、昼間に強い眠気を感じます。昼間に眠気を感じる点は同じでも、過眠症と睡眠不足はまったく違うものです。日本の場合、慢性的寝不足の人は10%程度存在します。

また、睡眠不足による眠気は寝不足を解消すれば消えますが、過眠症による眠気は『十分眠っていても眠い』という違いがあります」

肥満や鉄分不足が原因の可能性も

Q.過眠症を発症しやすい人の特徴はありますか。

井上さん「10代半ば〜20代に多く見られ、性差はありません。女性の場合は、鉄分不足が要因となる周期性四肢運動障害によって眠くなる場合があります。睡眠時無呼吸症候群は、肥満体形の中年男性に多いです」

Q.過眠症の診断基準とは。

井上さん「日本人の平均睡眠時間はだいたい7時間です。『毎日7時間眠っている』『極端な夜更かしはしない』など、睡眠習慣に大きな乱れがないにもかかわらず、日中に強い眠気を感じる場合、過眠症を疑います。これを判断するために、望ましい睡眠量を取る期間の目安は2週間以上です。

なお、昼食の後に眠気を感じたことがある人は多いと思いますが、昼食の後というタイミングは体内時計の眠くなるゾーンに該当するため、誰にでも当てはまる生理現象で、必ずしも過眠症とは言えません」

Q.では「毎日7時間眠っているのに昼間眠い」場合は、過眠症を疑った方がよいのでしょうか。

井上さん「『適切な睡眠量』は人によって異なります。睡眠量は、体質の違いも大きく関係しているため、個人差が大きいのです。3〜4時間睡眠でも安定したパフォーマンスを発揮できる『ショートスリーパー』と、7〜9時間程度の睡眠量を必要とする『ロングスリーパー』がいます。また、体内時計の乱れによっても眠気は生じます。従って『毎日7時間眠っても、昼間眠い』というだけでは、過眠症とは判断できません」

Q.では、病院の診察を受けるべき症状の目安や基準はありますか。

井上さん「過眠症は、検査を行わなければ症状の判断ができません。当院への来院のきっかけでも、『職場の人に言われた』など社会生活に支障をきたしていることを周囲に指摘されたケースと、『眠気が強すぎて仕事が終わらない』などご自身である程度の自覚を持たれているケースがあります。日常生活への支障がはっきりし始めたら、診察を受けるべき目安と考えてよいでしょう。睡眠科や睡眠外来など、睡眠の専門医がいる病院を選んでください。

また、日常生活のさまざまな状況下において、どのくらい“うとうと”するかを点数化する『エプワース眠気尺度』というものがあり、過眠の傾向を自己診断することもできます」

Q.過眠症の治療法はどのようなものでしょうか。

井上さん「原因によって異なるため、基本的には専門医の診察を受け、判断を委ねることになります。中枢性過眠症の場合、眠気を抑える薬を処方します。一方、睡眠時無呼吸症候群の場合は、器具を使って無呼吸状態の改善を図ります」

Q.過眠症を予防する方法はありますか。

井上さん「中枢神経障害に基づく過眠症は原因が解明されていないので、現時点では予防法はありません。睡眠時無呼吸症候群は、肥満が原因になりやすいので、体重を自己管理しましょう。女性の場合は、周期性四肢運動障害の原因となる鉄分不足を予防するため、サプリメントを取り入れるのも有効でしょう」