私たちにとって、美容は大きな関心事です。しかし、多くの情報が混在しているため、消費者が知っておくべきものが届いているとはいえません。最近では、男性用化粧品が広く普及し、洗顔後に化粧水や乳液などを使用する男性も増えています。

 しかし、美容皮膚科医の菅原由香子さんは「男性用化粧品の使用は好ましくない」と指摘します。今回は、男性化粧品の実態について伺いました。近著に「化粧いらずの美肌になれる3つのビューティケア」(三笠書房)があります。

合成界面活性剤が皮膚を破壊

 なぜ「男性用化粧品の使用は好ましくない」と指摘するのでしょうか。男性用化粧品はドラッグストアやコンビニで普通に販売されています。

「男性化粧品の売れ筋は、基礎化粧品である化粧水や乳液ですが、主な効能としてはニキビ防止のほか、肌がきれいになるとされています。乾燥しやすい肌に水分を補給して潤いを与える目的で使用する人が多いのでしょう。しかし、化粧水や乳液には合成界面活性剤が含まれています。洗浄剤としてではなく乳化剤として使われています」(菅原さん)

「これらの化粧品を使うことで、合成界面活性剤を肌にすり込んでいるのです。保湿のためと思って使用していても、合成界面活性剤は皮膚の構造を破壊し、かえって肌を乾燥させる危険があるので注意が必要です」

 保湿するはずの化粧品が皮膚を破壊するので、使わない方がいいというわけです。やめたら肌がカサカサになってしまうという人もいると思いますが…。

「では、化粧品を使う前はどうだったのか思い出してほしいのです。その時の方が間違いなくきれいな肌だったはずです。化粧品を使うことで肌が傷んでしまったのです。一般的に常識と思われていることでも、間違っている情報はたくさんあります」

美容皮膚科医がお勧めする方法とは

「お勧めの洗顔料は、天然の油脂から作られる石けんです。石けんと名前がついていても、合成洗剤の場合があるので成分表示をチェックしてください。無添加石けんの作り方には『中和法』『釜炊き法』『冷製法』などがありますが、中でも、油脂に水酸化ナトリウムを加えて撹拌(かくはん)し、加熱せずに反応させて作った『冷製法』(コールドプロセス)のものが、お肌にやさしい石けんです」

「加熱しないので油脂が酸化しにくく、生成過程で、保湿成分であるグリセリンが生じて未反応の油脂が残り、程よい洗浄力が保たれます。石けんを極めたい方は『石けんの作り方』の本を購入して、ご自分で作ってみてください」

 菅原さんは、次のように続けます。

「クレンジングの目的は、油性の化粧をオイルで浮き上がらせることです。お肌の構造を壊さないために、余計なものが何も配合されていないオイルを使うことが大切です。私がお勧めするオイルは、オリーブオイル、椿オイル、セサミオイル(ごま油)、ホホバオイル、スクワランオイルの5種類です」

「手作り化粧水もお勧めです。化粧水は水にグリセリンを溶かすだけででき上がります。肌は弱酸性で健康が保たれるので、クエン酸を加えて弱酸性にするとなおよいでしょう。作り方は次の通りです」

(1)ガラス瓶を用意します。
(2)薬局でグリセリンとクエン酸を購入します。
(3)ガラス瓶を煮沸消毒します。浄水器を通した水道水100ミリリットルをガラス瓶に入れます。 
(4)クエン酸を耳かき1杯分、グリセリンを小さじ1/2〜小さじ2杯分投入します(自分に合う濃度を決めてください)。
(5)ふたをして出来上がりです。

「この化粧水は簡単に作れますが、1週間以内に使い切りましょう」

 美容に対して、正しい知識を持ち、適切なケアを心がけることが必要かもしれません。取材にご協力いただいた、菅原由香子医師に御礼申し上げます。