独身時代は、お金の使い道を自分の裁量だけで決めることができますが、結婚すると、自分だけでなく家族全体のライフプランも考えながら、家計管理をする必要があります。筆者は今まで、多くの家庭の相談に乗ってきましたが、家計管理の方法は実にさまざまです。どの方法で家計管理をするのがよいか、いくつかのパターンを例にご紹介します。

「お小遣い制」はストレスがたまりやすい

【専業主婦(主夫)に多い「お小遣い制」】

 専業主婦(主夫)家庭の場合、妻(夫)が家計を管理し、その夫(主夫家庭の場合は妻)は「お小遣い制」というケースが多いようです。メリットは、1人が管理するのでシンプルに家計管理ができるところです。1人が管理していることにより、使途不明金が発生しづらく、予算を立ててその範囲内で生活できれば、お金もたまりやすい方法です。

 デメリットは、家計の状況が不透明になるところです。毎月の支出や貯蓄の金額は妻(夫)が管理し、パートナーは何も知らないというパターンも少なくありません。また、パートナー側は自分が稼いだお金を自由に使えないので、ストレスがたまる傾向にあります。お小遣いの金額は夫婦で随時話し合って、見直していくことが必要です。

【正社員・パートカップル家庭に多い「全額負担型」】

 どちらかが正社員、もう一方が派遣社員(パート)のカップルに多いのが「全額負担型」です。この方法は夫婦共通の財布はつくらず、収入の多い一方が住宅ローン、食費といった固定費や生活費全般を全額負担する方法です。お小遣いや貯蓄は各自の財布で管理する傾向にあるようです。

 収入差が大きい夫婦には有効な方法といえますが、専業主婦(主夫)家庭の場合と同じく負担が多い方に不満がたまりやすく、夫婦間のトラブルを招きやすい傾向にあります。また、家計負担が少ない側が貯蓄に回してくれればよいのですが、貯蓄そっちのけで使ってしまうタイプだとお金は全然たまらないようです。

【正社員カップル家庭に多い「それぞれの財布型」】

 正社員の共働き家庭の場合ですが、「忙しいので家計管理がしっかりできずに、お金がなかなかたまらない…」「収入が多い割には貯蓄できていない…」など、意外に悩みが多いのが実情です。というのも、共働き家庭は専業主婦(主夫)家庭に比べ、夫、妻ともに自由になるお金が多いので、お互いの支出についてチェックが甘くなりがちだからです。

 また、相手が貯蓄してくれているだろうと思っていたら、お互い好きなように使っていて、「全然貯蓄できていなかった」というケースもよくある話です。

 正社員同士のカップルで一番多いのが、夫婦それぞれの財布で家計を管理する「それぞれの財布型」です。この方法は夫婦共通のお財布はつくらず、住宅ローンと食費は夫、通信費と水道光熱費は妻といった具合に、あらかじめ分担する項目を決め、各自が負担する方法です。貯蓄も各自で行います。

 お互いに自由になるお金が多く、お小遣いという面からは不満がたまりにくいですが、一方で、相手の支出について無関心になりがちで、一緒に家計を管理するという意識が希薄になります。そのため、収入が多い割に実は無駄な出費が多く、貯蓄も思うようにできていないというのが、「それぞれの財布型」に見られる傾向です。

お金がたまるのは「共通財布型」

 お金の流れが一番分かりやすいのが、夫婦の収入を全額共通の財布に入れ、そこから固定費や生活費を支払う「共通財布型」です。貯蓄やお小遣いもすべて共通財布から割り振ります。毎月のお金の流れも貯蓄も「見える化」されているので、無駄なくお金がたまりやすい傾向にあります。また、家計が一元化されているので家計管理も簡単です。

 ただし、一方に家計管理を任せきりになったり、自由に使えるお金が少なかったりするので、不満を感じやすいというデメリットもあります。貯蓄の状況を定期的に確認することができるのであれば、自由度を増やすために、固定費や生活費だけを共通財布に入れてお小遣いと貯蓄は各自で管理するという方法もあります。

 自由度を増やせる方が、お互いの記念日にプレゼントを買ったり、食事に行ったりと、ちょっとしたゆとりが出て夫婦円満にはよいかもしれません。また、共通口座への入金の金額は例えば、夫の手取り収入が30万円、妻が20万円の場合、3:2の割合で出すなど、2人の収入に応じて決めると平等感があってよいでしょう。

 生活のゆとりということでいえば、固定費・生活費を入金する「生活費口座」の他に、「余暇・予備口座」も準備しておきましょう。旅行代や家族の趣味にかけるお金などの余暇費用や友人の結婚祝い、帰省費用など、一時的に支出するものに備えた予備費を予算化して入金しておきましょう。一時的な出費がある月は余暇に使うお金を抑えて調整することが必要です。

 また、食費や水道光熱費などは毎月、金額が変動するので、予算よりも余った場合は余暇・予備口座に入金しておきましょう。逆に予算オーバーになった場合は、余暇・予備口座から補填(ほてん)しましょう。そうすれば、貯蓄口座から取り崩すことがなくなり、着実に貯蓄ができるようになります。