去る2月4日は「世界がんデー」でした。がんに関する正しい知識の普及や研究の進展、一人一人の予防行動促進を目指し、この日の前後には、世界各地でさまざまなイベントが行われました。

 がんは日本では最も多い死因であり、統計によると、日本人の2人に1人が生涯のうちに何らかのがんになると考えられており、芸能人やスポーツ選手でも、がんを公表する人が増えました。1年間に100万人以上ががんと診断されているので、ひとごとではなく“自分事”としてがんを知ることが今、私たちに求められています。

生活習慣では完全に防げない

 がんは誰でもなる可能性があります。中高年に多い病気ですが、数は少ないとはいえ「小児がん」「AYA(アヤ)世代」と呼ばれる思春期〜若い世代でもなることがあります。
特に女性の「子宮頸(けい)がん」「乳がん」は20〜30代の若い世代で増えているので注意が必要です。

 ではどうしたら、がんにならないのでしょうか。がんは今、社会問題ともなっている「新型コロナウイルス」のように、人から人に感染する病気ではありません。大人のがんは生活習慣が深く関わっていると考えられていますが、食事に気を付けていても、飲酒や喫煙をしなかったとしても、ストレスのない生活を送っていたとしても、完全に防げるものではありません。

 さまざまな原因によって遺伝子に傷がつく、あるいは細胞が入れ替わるときのコピーミスによって正常な細胞に異常が生じ、それが原因でがんになるのです。

定期的に「がん検診」を

 がんから身を守るために大切なことは、とにかく早く見つけることです。

 例えば、日本人に多いがんのうち、胃がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がんについて、国立がん研究センターがん対策情報センターの資料を見ると、がんと診断されたときのステージ(進行度)が低いほど「5年生存率」が高く、早期の「ステージI」では95%前後で“ほぼ治る”と表現できるほどです。

 メリットは生存率だけではなく、治療においても、早期の方が身体的、精神的、経済的な負担が少なく、社会復帰も早いことが分かっています。

 しかし、困ったことに、早期のがんでは自覚症状が現れることはほとんどありません。進行して初めて自分で気付くサインのような症状が出るのです。早く見つけるためにできることは、“自分は健康だ”と思っているときに定期的に「がん検診」を受けることです。

5つの「がん検診」

 国が“がん対策”として推奨し、市区町村が実施する「がん検診」は、がんを見つける目的で行われます。胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮頸がんの5つのがんで実施されており、これによって死亡率が下がることが証明されています。ほとんどの自治体で費用補助があり、対象年齢になると、安い費用か無料で受けられます(職場の健診を受けられる人は対象外の場合も)。

 胃がん検診は、50歳以上の男女が対象で2年に1度。いわゆる“胃カメラ”と呼ばれる「内視鏡検査」、あるいは“バリウム検査”とも呼ばれる「胃エックス線撮影検査(当分の間、40歳以上、1年に1度の実施も可)」を選択します。

 肺がん検診は、40歳以上の男女が対象で1年に1度。「肺エックス線撮影検査」と、リスクが高い人(50歳以上で、1日の喫煙本数×喫煙年数=600以上)は「喀痰(かくたん)細胞診」という、朝起きた直後の痰を容器に3日分入れて提出し調べる検査をします。

 大腸がん検診は、40歳以上の男女が対象で1年に1度。2日分の便を少量提出し、出血の有無を調べる「便潜血検査」を実施します。

 乳がん検診は、40歳以上の女性が対象で2年に1度。専用のエックス線装置を使い、2枚の板で乳房を挟んで撮影する「マンモグラフィー検査」が推奨されています。子宮頸がん検診は、20歳以上の女性が対象で2年に1度。子宮入り口付近の粘膜を綿棒などでこすり取り、顕微鏡で細胞を調べる「細胞診」を行います。

 なお、勤務先で年に1度受ける健康診断には肺エックス線撮影検査が含まれていますし、胃エックス線撮影検査などを受診させる事業所もあります。任意で受ける人間ドックに、がんを見つけるための検査が含まれている場合もあります。

 しかし、健康診断にしても人間ドックにしても、必ずしも、がんを見つける検査を網羅しているわけではありません。勤務先の健診は、仕事をしても支障がない健康状態かを確認するのが主目的です。がんについて「勤務先で毎年健診を受けているから安心」とは限らないのです。一方、がん検診は先述の通り、がんを見つける目的で行われます。繰り返しますが、検診で死亡率が下がることも証明されています。

 なお、がん検診で異常が見つかったからといって、すべてががんというわけではありません。“がんがある可能性”を見つけるのががん検診なので、異常があれば放置せず、怖がらず、医療機関を受診し、詳しい検査を受けることが大切です。もし、がんであったとしても、早期発見、早期治療によって多くの人が社会復帰しています。

 また、対象の年齢でなくても、がんになる可能性はあります。気になる症状がある場合は、ためらうことなく医療機関を受診しましょう。特に、乳がんは20〜30代でも気を付けるべき病気です。普段から自分の乳房に関心を持ち、定期的に自分でも触れて乳房の状態を知り、何か変化があったときに気付けるようにしておくことも早期発見のために大切なことです。

「世界がんデー」を機に、自分にできることから行動していきたいですね。