新型コロナウイルスの影響で、マスク着用の生活が日常化しつつあります。新型コロナ以前は1年を通して「ほとんどマスクをしない」という人が多かった中、ネット上では、毎日のようにマスクをし始めたことで「自分の口臭をダイレクトに感じるようになった」「口臭に気付いてショックだった」など口臭を強く自覚するようになった人も少なくないようです。「マスクだとつい口呼吸になってしまい、口臭が悪化しそうな気がする」といった声もあります。

 マスクが欠かせない生活の中で意識が高まる「口臭」について、吉祥寺まさむねデンタルクリニック理事で歯科医師の園田茉莉子さんに聞きました。

口の中が乾燥すると細菌が…

Q.そもそも、口臭の正体とは何でしょうか。

園田さん「口臭の正体は、ガスです。主には揮発性の硫黄化合物で、代表的なものは硫化水素やメチルメルカプタンなどです。重度の歯周病の人は口臭があるといわれるのは、歯周病の原因菌がメチルメルカプタンを多く発生させるためです。

『舌苔(ぜったい)』と呼ばれる舌の上の汚れ(細菌)も、大きな原因といわれます。舌苔は、口の中の古くなった粘膜や食べ物のカスなどの汚れに、細菌が集まって腐敗したものです。舌の上を掃除しないと厚くたまり、より強い臭いを発します。細菌が多いほど、悪臭の程度も強くなります。

口臭の原因のほとんどは口の中にありますが、内臓からのガスによるものもあります。ニンニクなどを食べると、アリル化合物やセレニウム化合物などのガスが発生し、血液に乗って体内を回り、肺で呼気に混じって口臭となります。また、内臓の病気でも臭いが出ることがあります。健康な人でも内臓から出るガスは多くありますが、口臭の原因となるほどの濃度ではありません」

Q.一方で、口臭が全くない人もいるのでしょうか。

園田さん「いないと思います。口の中を清潔にしていても、細菌が全ていなくなるわけではないからです。また、摂取した食物によって体内から出るガスは変わりますし、唾液自体にも臭いはあります。

ただ、“悪臭”と感じるかどうかは濃度にも関わるので、体に病気がない限り、また、お口の中が清潔である限りは『口臭がある』という判断にはならないと思います。できる限り、口の中はきれいにしておきましょう」

Q.マスクをしていると、自分の口臭を自覚しやすいのは事実でしょうか。

園田さん「実際にあることだと思います。自分で口臭を確認する方法として、両手やカップの中に息を吐き出して臭う方法がありますが、吐いた息がある程度とどまっている状態でないと、自分では臭いを確認しにくいのです。つまり、マスクをすることで、自分が吐いた息がマスクの中にとどまり、臭いを自覚しやすくなるといえます。口臭チェックの一つの方法となるかもしれません。

自分の体から発する臭いには次第に慣れ、臭いを感じなくなってしまいます。口臭は、会話などで外に吐き出されてもすぐに外気と混ざるので、本人が感じ取ることは難しいでしょう。しかし、他人からすれば、日常的に感じる臭いでなければ“異臭”として感じ取れます。そのため、口臭は通常、他人に指摘されることが多いのも事実です」

Q.「マスクをしていると、つい口呼吸になってしまう」などの変化を自覚する人もいるようですが、日常的にマスクを長時間着用することで、口臭に何らかの影響を与え得るのでしょうか。

園田さん「マスクが直接、口臭に影響を与えることはありませんが、もし、口呼吸になっているなら影響が出るかもしれません。口呼吸は鼻呼吸と比較して、口の中が乾燥しやすいからです。唾液には、口の中の潤いを保つ他、抗菌作用もあります。口の中が乾燥すると唾液の作用が低下し、細菌が繁殖してしまいます。舌苔も厚くなりやすく、口臭は強くなるでしょう。

ずっとマスクをしていると、普段と比べて呼吸がしづらいと感じることがあるようです。口呼吸は鼻呼吸よりも、一度に出入りする空気の量が多いので、つい口呼吸になってしまうのかもしれませんが、できる限り、鼻呼吸を意識することで口臭を予防できますし、呼吸が苦しい中で鼻呼吸をすると『呼吸筋』が鍛えられてダイエット効果も期待できるでしょう」

口内のお掃除、見直しを

Q.歯科医院で診てもらった方がよい口臭もあるのでしょうか。

園田さん「口臭の症状は大きく、『真性口臭症』『仮性口臭症』『口臭恐怖症』に分類されます。

真性口臭症は実際に口臭がある場合を指し、『生理的口臭』『病的口臭』に分けられます。仮性口臭症は、実際に口臭はなくても『口臭がある』と感じている場合で、検査結果の説明やカウンセリングを受け、口臭がないことを理解できる場合です。口臭恐怖症は真性口臭症、仮性口臭症に当てはまらず、治療やカウンセリングをしても『口臭がある』と信じ続けてしまうもので、精神科や心療内科などへの紹介が必要です。

生理的口臭は本来、誰にでもある口臭です。起床時や空腹時、緊張時、加齢、薬剤の影響、女性では生理時などに口の中が乾燥して細菌が増えるためです。臭いが強いと真性口臭症となりますが、歯磨きや舌苔の除去などで口内をきれいにすると改善します。

真性口臭症の多くは歯周病や虫歯、歯石・歯垢(しこう)、入れ歯の汚れなどが原因なので、口臭が気になったら、まず歯科医院を受診するとよいでしょう。歯に穴が開いている虫歯や、歯磨き時に歯茎から血が出る、歯茎が赤く腫れている、舌の上が白や黄色、茶色の汚れで覆われた状態、といった場合には歯科医院を受診し、治療や正しい清掃方法の指導を受けることをおすすめします」

Q.新型コロナの影響が続く中、平時のように気軽に歯科医院に行きづらいという人も少なくないと思います。自宅でできる口臭のセルフケア方法とは。

園田さん「お口の清掃方法をいま一度、見直してみましょう。重度の歯周病や大きな虫歯など、歯科医院でないと治療できない場合もありますが、歯肉炎や舌苔はセルフケアでも改善できます。歯肉炎対策には、歯と歯茎の境目を磨くこと、また、デンタルフロスや歯間ブラシの併用も大切です。補助的に洗口液を使うのもよいと思います。

舌苔は『舌ブラシ』を使用して清掃しましょう。歯ブラシで舌を磨くと、毛の性質上、舌を傷つけてしまう場合があります。最も汚れのたまりやすい舌の奥の方を掃除できると理想的ですが、初めは嘔吐(おうと)反射が出やすいので、少しずつ慣らしながら奥の方も磨きましょう。

口臭はもちろん、口の中の健康を維持するために、歯科の定期検診はとても重要です。ぜひ習慣化してください」