毎日、家庭における親子のやりとりはたくさんありますが、子どもに何か言ったとき、反発されるとイラッとしますよね。でも、実は反発を未然に防ぐよい方法があります。それは最初に、相手の気持ちをよくする言葉や心をオープンにする言葉を掛けることです。

子どもに寄り添う言葉を

 クイズ形式で具体的に考えてみましょう。

【問題1】
子どもが習い事から、いつもより遅く帰ってきました。何と言いますか。

A:「何してたの?」
B:「何かあったんじゃないかと心配になっちゃったよ。何してたの?」

 Aだと、いきなり問い詰める感じになってしまい、子どもの反発を買いやすくなります。Bのように、まずは心配していた気持ちを伝えることが大事です。それによって、子どもは親の愛情を感じることができ、親の問い掛けにも素直に答えてくれる可能性が高まります。

【問題2】
子どもが「○○を買いたい」と言い出しました。何と言いますか。

A:「この前買ったから無理だよ」
B:「あれかっこいいよね。欲しくなるよね…。でも、この前買ったから無理だよ」

 Aのように、けんもほろろといった感じで門前払いされると、子どもは不満を感じて反発したくなります。Bのように、まずは欲しい気持ちに共感してあげることが大事です。テクニックとしてではなく、心から共感してあげましょう。

 でも、買えないときもありますよね。そういうときはたっぷり共感してから、買えないことを伝えましょう。一応気持ちを分かってもらえた後でなら、子どもも受け入れやすくなります。

【問題3】
子どもが「友達と○○でトラブってる」と言いました。何と言いますか。

A:「大丈夫だよ。□□したら?」
B:「どうしたの?」「それは嫌だよね」「□□したら?」

 子どもが何か困ったり、悩んだりしているとき、親はすぐに「大丈夫」と励ましたり、「□□したら?」とアドバイスしたりしがちです。

 でも、それだと、子どもは話しにくくなって、自分がため込んでいるストレスを吐き出すことができなくなります。そして、「自分の話を聞いてもらえない。そんな簡単なことじゃないんだよ。お説教は聞きたくない」と思ってしまいます。

 そこで、大事なのはまず、Bのように「どうしたの?」などと聞いて、子どもに話す機会を与えてあげることです。その上で、子どもの話に共感しながら、しっかり聞いてあげてください。親が共感すると、子どもは話しやすくなります。

 子どもが十分話すことができたら、最後に励ましたり、アドバイスしたりしましょう。この順番で話すと、子どもは「自分の大変さが分かってもらえた」と感じて、親の話を受け入れやすくなります。

【問題4】
子どもが転んで「痛い」と言いました。何と言いますか。

A:「大丈夫だよ」
B:「痛いねえ…。でも、大丈夫だよ」

 Aは悪気があるわけではなく、励ますつもりで言っているのです。でも、言われる方は「こんなに痛いのに分かってくれない」と感じてしまいます。

 そこで、まずはBのように、痛いことに共感してあげて、その後で励ますという順番にしましょう。子どもは「痛いことが分かってもらえた」と感じられるので、その後の「大丈夫だよ」も受け入れやすくなります。

 とにかく、言葉は話す順番が大事なのです。

【問題5】
子どものプリントで間違いを発見しました。直させるために何と言いますか。

A:「これ違うから直して」
B:「すごい。9個も合ってる。1つだけ違って惜しい。さあ直そう」

 いきなり、Aのように言われると、子どもは「イヤ」と反発したくなります。それで、親がまた、「イヤじゃありません。ちゃんと直しなさい」と叱って、子どもが「イヤだもん」となるというありがちなパターン…。

 それよりも、Bのようにまずは正解している部分を褒めましょう。すると、子どもはうれしくなります。その後で「直そう」と言えば、喜んで直してくれます。

【問題6】
手が離せない作業をしているとき、子どもが「見て見て」と言って絵を見せてきました。何と言いますか。

A:「ちょっと待ってね」
B:「上手にできたねえ。ちょっと待ってね」

 つい、Aのように言ってしまいがちですが、これだと、子どもは拒絶されたように感じ、「見て見て」としつこく言い続ける可能性があります。Bのようにいったん受け止めてあげると、子どもは安心して待つことができます。

夕食前に食卓が散らかっていたら?

【問題7】
夕食の時間になったのに、食卓は子どもの遊び道具でいっぱいです。何と言いますか。

A:「これじゃ夕飯が食べられないでしょ。早く片付けて」
B:「いっぱい遊べたね。これどうやって作ったの?」「上手だね。さあ、片付けて夕飯だよ」

 時間を忘れて、片付けのことなども忘れて、一心不乱に遊ぶ時間は子どもにとって、とても大切な時間です。こういうときには脳がフル回転していて、シナプス(脳の神経細胞同士をつなぐ接続部)がどんどんつながり、地頭がよくなります。

 また、遊びに夢中になっているときに非認知能力も伸びることが分かっています。ですから、たっぷり遊んだ後で叱るのではなく、まずは褒めてあげてください。さらに、遊びのことを聞いて、話をさせてあげれば、子どもの表現力が伸びます。その後で片付けさせる、あるいは一緒に片付けるというようにしましょう。

【問題8】
毎日、子どもが玄関掃除をしているのですが、隅の方にゴミがたまっていました。何と言いますか。

A:「ちゃんと隅も掃かなきゃダメじゃん」
B:「いつもありがとう。助かるよ。こっちの隅も掃いといて」

 Aでは子どものやる気はしぼみます。Bのように、最初に「ありがとう。助かるよ」といった言葉を掛けることで、その後の言葉も受け入れやすくなります。

 このようなことは、職場などにおける大人同士の関係なら自然にできるはずです。でも、家庭における親子の関係だとおろそかになりがちです。「親しき仲にも礼儀あり」を忘れているので、一番親密で大事なはずの人間関係が壊れてしまうのです。一番大事な人間関係をおろそかにしないで、もっと大切にしましょう。

 いかがでしたか。最初に相手の気持ちをよくして、心を開いてもらえるような言葉を掛けるだけで、その後の展開が大きく変わってくることがお分かりいただけたと思います。ぜひ、日頃から心掛けてみてください。