幼い子どもが会話の中で「○○(自分の名前)は…」「○○くん(ちゃん)がね…」と自分の名前や愛称、親が普段使う呼称を一人称として使うことはよくあります。

 成長するにつれて、自然に少しずつ、「ぼく(僕)」「わたし(私)」などの一人称に変わっていくことが多いようですが、親の中には「娘は小学校に上がってもずっと『名前呼び』です」「息子の担任に『皆の前で発表するときはそろそろ、僕と言ってみるように声掛けをしています』と言われ、親としてはっとした」という体験談や、「子どもに聞くと『僕と言うのが恥ずかしい』と言っていた」「私と言うようになるのを待っていても大丈夫?」という疑問の声もあるようです。

 子どもの一人称の変化に親はどう関わっていくのがよいのでしょうか。子育てアドバイザーの佐藤めぐみさんに聞きました。

小学校でほとんどが「僕/私」に

Q.一般的に、子どもが自分のことを名前や愛称、「○○くん」「○○ちゃん」と言い始めるようになるのは何歳ごろからと考えられますか。

佐藤さん「子どもはパパやママがその子を呼ぶ呼称で、自分の名前に触れます。親が『○○ちゃん』と呼べば、『○○ちゃん』と覚えていくのです。名前を呼んで反応を示すのは一般に、1歳〜1歳半くらいからですが、自分の名前を言い出すのは、もうしばらくたってからです。3歳児健診の項目で『自分の名前が言えるかどうか』が含まれていることからも、2歳代から、自分の名前や愛称、『○○くん』『○○ちゃん』と言い始めるようになる子が多いと考えられます」

Q.「名前呼び」「○○くん(ちゃん)呼び」を経て、子どもの一人称が「僕/私」に変わっていくことが多いのはいつごろですか。

佐藤さん「これには個人差、性差があるように思います。幼稚園の段階で『僕/私』と言い始める子もいる一方、極端な例では、大人になっても名前で自分のことを呼んでいる人もいます。性別的には、男の子の方が早く移行するように思います。男の子は幼稚園くらいから、『僕』『俺』と使う子が増えますが、女の子は自分の名前の『ちゃん抜き』で呼んでいる子、『私』を使う子、また、きちんとした場では『私』を使い、友達間では名前呼びと使い分けている子もいます。

一般的に、そのきっかけとなるのが他の子の動きです。『友達が僕、私と言うようになったから』『自分だけ○○ちゃんだと恥ずかしいから』のようにお友達の影響は大きいものです。幼稚園時代は他の子のまねで移行していくことが多く、小学校時代になると、他者の目線がそのきっかけとなりやすいようです。自分がどう映っているかを感じ取れるようになってくることで、『恥ずかしい』という思いを起こすのでしょう。それもあり、小学校時代にほとんどの子が『僕/私』に移行していくと考えられます」

Q.「僕/私」と言うようになっておくのが望ましい時期・年齢の目安はあるのでしょうか。

佐藤さん「先述のように、基本的には周りの動きを見て自然に移行することが多いので、過度に心配する必要はないように思います。ただ、習慣というのは長くなればなるほど根付くものでもあります。思春期に入ると、親のアドバイスをなかなか聞いてくれないことも多いので、小学校の間に移行しておいた方がやりやすいかもしれません」

Q.「僕/私」の一人称が望ましい時期・年齢を迎えても、子どもがずっと名前呼びなどを続けている場合、親はどうするのがよいのでしょうか。

佐藤さん「親から、それとなく働き掛けていくのがいいと思います。ただ、その際は『もう僕って言わないと恥ずかしいよ』『○○ちゃんって呼ぶの変だよ』のような言い方で諭すのは望ましくはありません。基本的に、既に周りが自分のことを一人称で呼んでいることに本人も気付いてはいるからです。しかし、何らかの理由(気恥ずかしいなど)で足踏みしていることが多いので、それを『恥ずかしいよ』『変だよ』と言ってしまうと余計にこじれてしまいます。

自分を振り返ると気付きますが、親も子どもと話すとき、自分のことを『お母さんはね…』『パパはね…』と言い続けているものです。例えば、『ママもこれから私って言うことにするから、一緒にやらない?』とお子さんと同時期に『私』呼びをスタートさせるのもいいかもしれませんね」

Q.一人称について、子どもに「僕(私)と言うのが恥ずかしい」「名前で言う方がいい」と言われた経験のある親も少なくないようです。このように言われた場合、親はどうすればよいでしょうか。

佐藤さん「性格的に、物事の変化を好まない子はいるものです。その子にとっては、それまでの呼び名に愛着があるからです。中には、呼称を変えることによって違和感を覚える子もいるでしょう。親に対する呼称を『パパ/ママ』から『お父さん/お母さん』に変えることを子どもに提案すると、『パパとママじゃなくなっちゃうみたいで嫌だ』と抵抗感を示す子がいますが、それと似ていて、私たちは『呼称』というもの自体に愛着を感じるものです。それを手放す不安感、新たな呼称を口にする恥ずかしさを敏感に感じる子もいます。

子どもが『恥ずかしい』と言ってくれていることは親に心を開いている証しでもあるので、その思いを大切にしてあげるのが一番です。その上で、その子の背中をゆっくりと押してあげるようないざないが望ましいといえます。もし、パパ・ママ自身が似たような体験をしてきたのなら、その体験談をするのもおすすめです。特に、失敗談や苦労話は武勇伝以上にその子の励みになることが多いので、子どもの恥ずかしい気持ちに寄り添えるような体験があれば、それを話してあげると『ママもそうだったんだ』というところから勇気をもらえることもあります」

Q.子どもが一人称を使うようになり、やがて、その言い方が変化していく過程を親はどのような意識・スタンスで見守っていくのがよいと思われますか。

佐藤さん「『○○くん』『○○ちゃん』の名前呼びから、『僕』『私』に変わり、いずれは男性であっても、社会に出ると『私』を使うようにもなるでしょう。さらに、親になると自らを『パパ/ママ』と呼ぶようになるなど自分に対する呼称は生涯を通して変わっていくものです。子ども時代の第一歩は基本的には子ども主導で、親は見守っていく形が望ましいタイプの成長といえます。

ただ、中には内心、『やりたい』と思っていても、きっかけがなくて足踏みしている子もいるので、そうした場合は親がちょっとしたきっかけをつくり、あとは子どもの流れに任せるというのが望ましい見守り方ではないでしょうか」