本来は楽しいはずの子育てで苦しんでいる人がたくさんいます。特に、そのような傾向は1人で子育てをする母親や父親、あるいは夫婦共働きなのに「ワンオペ育児」(夫婦のうちどちらか一方に子育てと家事の負担が集中すること)に陥っている人に多く見られます。親が苦しんでいる姿は当然ながら、子どもの発育に悪影響を与えるので何とかしたいところです。そこで、今回は「子育て」と「家事」の負担を減らすための工夫や、子育てに悩んだときの対処法について紹介します。

完璧主義になる必要はない

 まず、家事や子育てのワンオペに陥らないためには、夫婦で子育てと家事を分担するのは当然のことですが、夫の理解がイマイチというケースが多くあります。その場合、まずは、子育てと家事で必要な仕事を具体的にまとめた一覧表を作ることをおすすめします。

 実際はやっているのに細か過ぎて忘れがちな、いわゆる「名もなき家事」にも名前をつけて一覧表に載せましょう。例えば、「風呂の排水溝の掃除」「通販の段ボール箱をつぶす」「三角コーナーの生ごみをごみ箱に入れる」などです。「一覧表を夫に見せることで初めて仕事の多さが分かってもらえた」という話もよく聞きます。それを元に夫婦で話し合って、お互いの分担を決めましょう。

 また、夫を上手に褒めることでやる気にさせた例もあります。以前、筆者が聞いた話ですが、共働きのワーキングマザーのSさんはある日、リンスの詰め替え中にリンスの液体をこぼしてしまいました。すると、夫が「もったいないじゃないか」と叱ったそうです。Sさんが切れそうになるのをこらえて、「じゃあ、見本を見せて」と言うと、夫が上手に注ぎました。そこで、Sさんは夫を褒めまくり、以後は夫がその手の仕事を全て行うように誘導することができたそうです。

 子どもができることは子どもに任せるとよいでしょう。筆者は以前、「通販の段ボール箱をつぶす仕事を子どもの仕事にしたら、子どもが喜んだ」という話を聞いたことがあります。洗濯物を取り込んだ後で、裏返しになっている洗濯物を見つけて表に戻す作業を喜んでやってくれる子もいます。

 Kさん(女性)の家では「風呂掃除をするときに水鉄砲を使ってもいい」というルールを設けたところ、子どもが毎日喜んで風呂掃除をやるようになったそうです。「バスタブなどを洗った後に、残っている浴室用洗剤を水鉄砲で洗い流すのが非常に楽しいから」だということでした。

 父親と息子にきれいな雑巾を渡して部屋の掃除をさせ、10分間でどちらが雑巾を汚れで黒くできるのか競争させている家もあります。2人で床や棚、窓枠などを一生懸命雑巾で拭いてくれるそうです。このように、ちょっとしたゲームのような感覚で楽しくできるものだと子どもは喜んで取り組みます。

 なお、子育ても家事も完璧を目指さないことが大切です。当たり前と思っていることの中にも省けるものはありますので、一度ぜひ見直しをして負担を減らしましょう。例えば、「掃除は毎日やるのではなく、2日に1回にする」「洗濯物は畳まない」などは負担を減らす上で有効です。

「トイレにマットを置くのをやめたら、洗う手間が省けたし、トイレ掃除も楽になった」という声もあります。「家事 見直し」「家事 やめる」などとネットで検索すれば、他にもいろいろな事例が出てきます。最近、著しく進化しているといわれる家電製品に頼るのもいいでしょう。例えば、掃除ロボットや食器洗浄機など家事の負担を減らせる家電はたくさんあります。

家族以外の人を頼ろう

 子育てや家事は細かい仕事が非常に多く、全て自分たちだけでやろうとすると時間とエネルギーがいくらあっても足りません。そんなことは、そもそも無理なことだと思った方がよいでしょう。時には同居する家族以外の人の力を借りても構いません。

 自宅から遠くない場所に祖父母(自分たちの両親)が住んでいれば、祖父母が子育ての強力な助っ人になってくれる可能性もあります。そのためには日頃から、祖父母とよい関係を築くことが大切です。そのコツは相手の話を共感的に聞くこと、相手を褒めることです。また、適度に自分の悩みを打ち明ける「自己開示法」によって、お互いの心がつながることもあります。

 ただし、祖父母にも自分たちの生活や趣味がありますので「孫の面倒を見るのは当たり前」「孫の面倒を見るのはうれしいはずだ」とばかりに無遠慮な振る舞いをするのはやめましょう。祖父母に手伝ってもらったときは感謝の気持ちをしっかり伝えることが大切です。そのときは「すみません」というネガティブな言い方よりも「ありがとうございます」「本当に助かります」などのポジティブな言い方をするよう心掛けましょう。後者の方が言われた側はうれしく感じるからです。

 家事代行やベビーシッターなどの有料サービスを利用するのもおすすめです。有料ということで最初はハードルが高いと感じるかもしれませんが、慣れてうまく使えるようになれば、かなり楽になる可能性があります。この他にも託児所、保育園の一時預かり、行政や民間の各種サービス、子育て支援のNPOなどもあります。

 子育てには悩みが尽きないものですが、それを1人で抱え込むのが一番よくありません。例えば、自治体やNPOなどが運営する「子育てサークル」はママ友づくりや子育ての仲間づくり、情報交換、助け合いなどに役立ち、孤立化を防ぐのに効果的です。同じような悩みを抱える人たちが集まっているので、悩みや愚痴を聞いて共感してもらえるだけでも精神的に楽になります。

 なお、子育てサークルに参加する際は新型コロナウイルスの感染防止対策をしましょう。最近はオンラインの子育てサークルもあるようです。また、各自治体の子育て無料相談窓口、保健センター、子育て支援センター、児童相談所などでは子育てに関する悩みを聞いてくれます。児童相談所全国共通ダイヤル「189」に電話をすれば、24時間いつでも最寄りの児童相談所につながる仕組みになっています。

 他にも「子育てホットライン ママさん110番」(社会福祉法人日本保育協会)、「エンゼル110番」(森乳コミュニケーション)、「よりそいホットライン」(一般社団法人社会的包摂サポートセンター)などがあり、「子育て 悩み相談 自治体名」とネットで検索すれば、各地域の相談先がいろいろ出てきます。どの相談窓口も秘密厳守なので、気軽に相談しましょう。

 なお、相談員にもいろいろな人がいるので相談してみて、「ちょっと違うな」と思ったら、別の相談窓口に問い合わせてみてください。何度も言いますが、子育ては1人で悩みを抱え込まないことが大切です。悩んだら、家族や他人の力を借りてうまく乗り切っていきましょう。