埼玉県春日部市のスーパーを中心に、近隣の和菓子店や飲食店などが「そこらへんの草」を名前に付けた総菜、料理、菓子など各店独自の商品を4月1日から売り出し、話題になっています。「そこらへんの草」といえば、2019年に大ヒットした映画「翔んで埼玉」(魔夜峰央さん原作)の「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ!」というせりふが有名ですが、「そこらへんの草」商品は埼玉県民の熱い支持を受けているようです。関連商品を販売中の計23店を巡るスタンプラリーも実施中で「そこらへんの草刈りツアー」と呼ばれているとか。

 仕掛け人の「みどりスーパー」(春日部市)総菜部門責任者の河内みどりさんに話を聞きました。

「埼玉愛」ある人に食べてほしい

Q.「そこらへんの草」を名前に付けた商品を発売した経緯を教えてください。

河内さん「2年前に『翔んで埼玉』が流行した時期、エープリルフールが近かったんですね。それで何か面白いことができないかと思っていたとき、たまたま、近所の人がアシタバをくれて、これで天ぷらを作ろうと思って、『そこらへんの草天ぷら』と名付けて、2019年4月1日に売り出しました。そしたら、お客さんの反応がよくて、おじいさんやおばあさんも『面白い』『おいしい』と喜んでくれて。エープリルフールが過ぎてからも、いい『草』が入手できたときに天ぷらにして売っていました。

今年もエープリルフールが近づいてきて、今度は天丼を作ってみようと『そこらへんの草天丼』を今年の4月1日に売り出しました。税別価格は310円。『さ(3)い(1)たま(0)価格』です」

Q.お客さんの反応は。

河内さん「とてもいいです。いつも完売しています」

Q.みどりスーパーだけでなく、いろいろな店でそれぞれに「そこらへんの草」商品を出しているそうですね。

河内さん「仲良くしている店に『そこらへんの草』の話をしてみたら、『やってみる』という店が多くて23店になりました。地元のメディアが取り上げてくれて、大きな話題になりました」

Q.「そこらへんの草」商品にどんな「草」を使うかは取り決めがあるのでしょうか。

河内さん「『草』は埼玉県内の『そこらへんの農家』で作っている野菜たちです。何を使うかはそれぞれの店主と季節次第です」

Q.スタンプラリーもしているとか。

河内さん「以前から、(今回参加している店を)巡ってくださっている人たちがいました。そこで『この機会にスタンプラリーをやったら面白いね』って話して、4月11日からスタンプラリーを始めました。台紙と台紙に張る『草』柄のシールは知り合いがデザインしてくれました。台紙は『通行手形』になっていて参加店舗でもらえます」

Q.スタンプラリーを全部回ったら特典は。

河内さん「『名誉埼玉県人』という称号とステッカーを贈ります。皆さん喜んで店を回ってくれています」

Q.商品の購入について「埼玉県民限定」という報道もありましたが、東京都民が買ってもいいのでしょうか。

河内さん「基本的には埼玉の人が対象と思っています。でも、通行手形(スタンプラリーの台紙)があればOKです。それから、『埼玉愛』がある人なら、東京都民や他の県民も大丈夫です」

Q.ちなみに魔夜峰央さんへの連絡は。

河内さん「特に連絡は取っていないのですが。ツイッターで、魔夜さんの娘さんのアカウントから、『そこらへんの草』関連の記事に『いいね』がついて、リツイートもしていただいています」

 参加店舗の一部はネットで「そこらへんの草」「マップ」で検索すると、店名と「草」商品を確認できます。各商品の販売とスタンプラリーは5月31日までの予定とのことです。