7月23日開幕予定の東京五輪を巡り、新型コロナウイルスが流行する中での「有観客開催」に批判の声が高まっていますが、もう一つ、忘れてはならないのが猛暑対策です。7月下旬から8月上旬という暑さの厳しい時期、屋外での競技も行うことになっており、選手や観客、ボランティアの熱中症が心配されています。

 そんな中、男子50キロ競歩で2019年9月の世界陸上を制し、東京五輪金メダルの期待も高かった鈴木雄介選手が6月22日、代表辞退を表明しました。世界陸上の競歩はカタール・ドーハの高温多湿の環境下で行われ、鈴木選手も「熱疲労」(熱中症の一種)を起こしていたとの報道もあり、1年以上、ダメージが続いて十分なトレーニングができなかったようです。

 スポーツ選手に限らず、熱中症の後遺症が出て、しかも1年以上、体に影響することがあるのでしょうか。内科医の市原由美江さんに聞きました。

重症なら年単位で影響も

Q.まず、熱中症の原因と主な症状を改めて教えてください。「熱疲労」も熱中症の一種なのでしょうか。

市原さん「熱中症は暑い環境にいることで熱が体の中にこもり、さらに脱水によって、汗による熱の放散が十分できないために起こります。熱中症の症状は軽いものから重度のものまで、さまざまです。軽症であれば、目まいや立ちくらみ、大量の発汗、こむら返り、筋肉痛などが起きます。中等症であれば、頭痛、吐き気、倦怠(けんたい)感などの症状もみられます。重症になると、意識障害やけいれん、40度以上の発熱などの症状があります。熱疲労はこの中で、中等症に相当する状態のことです」

Q.熱中症で後遺症が出ることはあるのでしょうか。

市原さん「中等症以上の熱中症では、後遺症が出ることがあります。主に肝臓や腎臓の障害、中枢神経障害です」

Q.熱中症になった後、1年以上、体への影響が続くこともあるのでしょうか。また、鈴木選手の症状も熱中症の後遺症なのでしょうか。

市原さん「肝機能や腎機能は回復しますが、後遺症として影響が続く恐れがあるのは中枢神経障害です。歩行障害を特徴とする小脳失調(小脳の機能に障害がある状態)、パーキンソン症候群(パーキンソン病の症状とよく似ている運動障害症状全般)が代表的です。中等症の熱中症の場合、中枢神経障害の後遺症は半年程度で回復することがほとんどですが、重症となると1年以上、年単位で継続、もしくは改善しないことがあります。

なお、鈴木選手については報道ベースでしか症状が分からず、熱中症と現在のコンディション不良の関係については何ともいえません」

Q.東京五輪が予定通り、7月23日に開幕したら、猛暑の中での競技が予想されます。マラソンと競歩の会場は札幌市に移りましたが、ほかにもトライアスロンなどの屋外競技が東京などで行われます。観客や関係者を含め、熱中症の心配はないでしょうか。

市原さん「先ほど述べたように、熱中症は暑い環境にいることで熱が体の中にこもり、さらに脱水によって、汗による熱の放散が十分できないために起こります。水分やミネラルの補給を十分に行ったとしても、真夏に長距離走などの激しい運動を屋外ですること自体、熱中症を引き起こす可能性が高いと思います。特に、暑い環境にない国から来日する選手は体が暑さや湿気に慣れておらず、より熱中症のリスクが高くなります。また、運動はしない観客や関係者も同様に高いリスクがあります」

Q.熱中症の後遺症を防ぐためには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

市原さん「後遺症は熱中症の程度が進むにつれて、可能性が高くなります。熱中症を予防することが一番大切ですが、もし、熱中症の症状が出たら、一刻も早く対処することです。熱中症の可能性を感じたら、すぐに涼しい場所に避難して水分摂取、できれば、氷などで体を冷やしてください。軽症の症状であっても水分摂取や冷却で改善しない場合や中等症以上の症状があれば、すぐに医療機関を受診してください。

なるべく早く対処することが、熱中症の重症化を防ぐためにも後遺症を防ぐためにも大切です」