梅雨明け以降、蒸し暑い日が続いています。熱中症を防ぐために昼夜問わず、「エアコン」を使用している人も多いのではないでしょうか。しかし、室内を冷やし過ぎると「だるい」「喉が痛い」などの症状に見舞われることもあります。体調不良に陥らずに、エアコンで室内を適度に冷やすためには、どうすればいいのでしょうか。また、就寝中はエアコンをどう使うのがよいのでしょうか。空調事業などを手掛けるダイキン工業(大阪市北区)広報グループの高木旭さんに聞きました。

風向きは上か水平に

Q.「エアコンの設定温度は28度がよい」という話をよく聞きますが、本当なのでしょうか。エアコンで部屋を効率的に涼しくする方法について教えてください。

高木さん「夏場のオフィスエアコンの設定温度として『28度』が広く知られていますが、これはあくまで、『節電』を意識した設定温度です。実際には、温度の体感、快・不快は個人差が大きく、また、設定温度が28度でも、実際の部屋の温度がなかなか下がらず、不快に思う人も多くいます。今の時期は熱中症のリスクもあるので、まずは、ご自身で快適と思う室温にすることを優先してください。その上で、28度の設定でも涼しく感じる方法をご紹介します。

【風量を強くして、風が感じられるようにすること】

部屋の中に風をつくると体感温度が低くなります。風量を上げるとわずかに消費電力は増えるものの、温度を下げるときに比べると消費電力をかなり抑えられます。

【『温度ムラ』をなくすため、風向きを調整すること】

冷たい空気は部屋の下の方にたまります。このように室内の温度にムラがある状態だと、エアコンが部屋の上部の熱い空気を吸い込んだときに『この部屋はまだ冷えていない』と勘違いをして、部屋を冷やし過ぎたり、余計な電気を使ったりしてしまうことになります。この状態を回避するには、エアコンの風向きを上向きか水平に設定してください。

また、エアコンと一緒に扇風機やサーキュレーターを使うのもおすすめです。エアコンと対角の床に扇風機やサーキュレーターを置き、エアコンに向かって風を送ってください。冷たい空気を吹き上げるイメージです。部屋の中の温度ムラをなくすのに、非常に効果的です」

Q.外出先から帰宅したときに室内が蒸し暑くなっていることが多いですが、その際、いきなり、エアコンをつけてもよいのでしょうか。それとも、窓を開けて換気をしてから、エアコンをつけた方がよいのでしょうか。

高木さん「まずは換気をして、室内にこもった熱気を外に逃がしてください。これは、熱のこもった車に乗るときと同じです。車に乗って、カーエアコンをつける前にドアを開け閉めして、熱い空気を逃がすと思います。室内が暑いまま、いきなり、エアコンをつけてしまうと、立ち上がり時の消費電力が増大するので気を付けてください。エアコンの電気代が一番かかるのは、室内の温度を設定温度にするまでの間です。

そこで、室内の熱気を逃がして、エアコンの電源を入れた後、最初の方は風量を大きくしてください。素早く部屋を冷やすことで効率的に冷房でき、その後は少ない電力で部屋の温度を保つことができます。また、『自動モード』がついているエアコンであれば、電気代がかからない効率的な運転をしてくれるのでおすすめです」

Q.エアコンの稼働時に肌寒いと感じた場合、一度、電源を切った方がよいのでしょうか。それとも、設定温度を変更するだけでよいのでしょうか。

高木さん「時間帯や外気温など条件によっても異なりますが、設定温度を1度ほど上げ下げするぐらいであれば、頻繁に電源を入れたり、切ったりといった動作を繰り返すよりも節電になるでしょう。暑い日にエアコンの電源を一度切ると、部屋の温度は急上昇します。再度、電源を入れる際には、その暑い部屋を設定温度にまで冷やすため、消費電力が増えます。

そのため、夏の暑い日中ほど、エアコンの電源を小まめに入れたり、切ったりせず、つけっ放しにしておいた方が効果的に節電できるでしょう。反対に、夜の涼しい時間帯は室内の温度と設定温度の差が縮まるので、必ずしも、つけっ放しがいいとは限りません」

Q.暑くて寝苦しい夜にエアコンを稼働させると快適に過ごせますが、翌朝までつけっ放しにすると、起床時に体がだるく感じることがあります。就寝時にエアコンを使うときのコツについて教えてください。

高木さん「体に不調が出るようであれば、エアコンのタイマー機能を使うのがおすすめです。『切タイマー』を3時間に設定すると、入眠直後の深い睡眠が温度変化で阻害されないため、前半に深い睡眠が安定的に取れます。

『よい眠りだった』と感じるかどうかは、朝、起きたときの快適感にも影響を受けます。起床直後に、就寝中にかいた汗で体がべたついて不快に感じる場合は、起床時間に合わせて、エアコンの『入タイマー』をセットしておくとよいでしょう。また、『おやすみ運転』など睡眠時に適した運転機能がある場合は、その機能に頼っても問題ありません」

Q.1〜2時間ほど外出する際や換気の際は、つけっ放しにするのと電源を切るのとでは、どちらの方が節電につながるのでしょうか。

高木さん「30分以上外出する場合は、電源を切った方が節電できます。なお、30分に1回、5分程度の窓開け換気であれば、つけっ放しの方が節電になります」

Q.エアコンの効きがよくないときに「水を入れたバケツとタオルで室外機を冷やすと効果的」という声もありますが、本当なのでしょうか。

高木さん「室外機の上や周辺に物を置くと室外機の運転が妨げられ、運転効率を落とす可能性があるのでおすすめできません。
しかし、『室外機を冷やす』というのはよい着眼点です。室外機が直射日光にさらされていたり、高温の状況に置かれていたりすると、冷房効率が下がってしまうので、すだれやよしずを活用して、日陰を作りましょう。

この際、運転の妨げにならないよう、室外機から1メートルほど離して設置するのがポイントです。このほか、室外機の周辺に打ち水をするのも一定の効果が期待できます」