猫を飼っている人の中には、猫の「爪」の手入れに悩む人もいるようです。爪を切ろうとすると嫌がったり、暴れたりして、作業が進まないことが多いからです。それでも、爪を伸ばしたままにすると、飼い主や一緒に飼っている猫がけがをする恐れがあるため、定期的に猫の爪を切る必要があります。猫の爪を切るときは、どのようなことに注意すべきなのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

機嫌が悪いときは無理せず

Q.そもそも、なぜ、猫は飼い主が爪を切るのを嫌がるのでしょうか。

増田さん「元々、猫は指先を触られるのがあまり好きではないからです。そのため、飼い主が爪を切るために、指先に触れようとすると警戒しますし、無理やり、爪を切ろうとすれば、飼い主を避けるようになります。また、猫は爪を切るときに生じる刺激も嫌います。

爪切りのときに何度か、嫌な思いをすれば、『爪切り=自分にとって何か嫌なことをされるのでは?』と考えるようになり、爪切りに対する苦手意識が強くなるのです。猫に限らず、人間でも痛い思いをすると、その行動をできるだけ遠ざけようとします。猫の爪切り嫌いを加速させないためには、爪切りに失敗しないことが大切です」

Q.どうすれば、猫の爪をうまく切ることができるのでしょうか。爪を切るときの注意点について、教えてください。

増田さん「爪切りの際、猫が暴れたり、飼い主が爪を深く切ったりすると、猫がけがをするケースがあるので注意してください。爪をうまく切ることができるかどうかは、猫の機嫌が大きく影響します。猫が『極度に興奮している』『おびえている』といった様子を見せているときは、爪を切らないようにしましょう。

また、一度にすべての爪を切ろうとしなくても構いません。心に余裕を持って臨んでください。猫の爪は人間とは形状が異なるため、動物専用の爪切りを使用することが重要です。はさみタイプなど、いくつか種類があり、使用者によって好みが分かれるので、使いやすい製品を選んでください。

猫の爪をよく観察すると、根元がピンク色に、先端から中ほどが半透明になっていることが分かります。ピンク色の部分には血管や神経があるので、その部分まで切ってしまうと、いわゆる深爪の状態となり、出血して痛みが生じます。そのため、爪の半透明な部分だけを切るように心掛けましょう。

その際、ピンク色の部分との境目ギリギリで切ろうとすると、少量ですが出血する可能性があるので、1ミリ程度残して切るのが無難です」

Q.猫の爪を切る、適切な頻度について教えてください。

増田さん「爪切りの適切な頻度は、猫によって、活動性や年齢などによる個体差があるので、数週間から2カ月と幅広いです。かかりつけの動物病院に一度、相談することをおすすめします」

Q.どうしても猫が爪を切るのを嫌がる場合や、自分たちではうまく爪を切れない場合、動物病院で定期的に切ってもらうことは可能なのでしょうか。

増田さん「自宅で猫の爪切りができない場合は、動物病院で切ってもらうことも可能です。猫によって、性格や個性もさまざまなので、動物病院では個々の猫に適した方法で爪を切ります。ただし、動物病院に連れて行くと、猫が、自宅にいるときよりも興奮や緊張するケースもあります。

その場合、抱っこをした状態で爪を切ることが可能なときもあれば、猫用のネットやエリザベスカラー(プラスチック製の保護具)の装着が必要になるときもあります。どうしても自宅で爪が切れないような場合、まず、かかりつけの動物病院に相談するとよいでしょう」

Q.「うまく切れない」「嫌がる」などの理由で、飼い主が猫の爪切りを怠った場合、爪の成長にどのような影響があるのでしょうか。

増田さん「猫の爪は人間と同じく、徐々に伸びていきます。猫の場合、爪を研ぐことによって先端が鋭利になるように、自ら、手入れをします。そのため、爪の長さが極端に長くなることは少ないのですが、とがった爪で自分の体を引っかくことで、皮膚の損傷を招くことがあります。

また、飼い主が猫に引っかかれることで、けがをしたり、人畜共通感染症にかかったりする可能性もあります。このほか、猫が高齢になると、爪研ぎの頻度が減る傾向にあります。爪が伸び過ぎると、猫自身の肉球に爪が刺さる場合があるので、猫の爪の状態は日頃から、よくチェックすることをおすすめします」

Q.ちなみに、猫が爪を研ぐ際、壁などを使うのはなぜなのでしょうか。

増田さん「猫の習性が大きく関連しています。猫が爪を研いでいるときの様子をよく観察してみると、伸びをしながら爪研ぎをしていることが多いです。その際、爪の引っ掛かりにちょうどよい素材の壁紙やファブリック(生地や織物)があることが猫にとって都合がよいと考えられるので、壁紙やカーテン、ソファなどが、爪研ぎをする上でちょうどよい物になります。

猫に爪研ぎをやめさせるのは難しいです。壁紙やカーテン、ソファなどで爪研ぎをさせないようにするには、爪研ぎ用のグッズなど、爪研ぎをさせてもよい物を近くに置く必要があります」