こんにちは、ヨムーノ編集部です。  

まだ早い、と思っていませんか?「老人性うつ」「認知症」「骨粗鬆症」「脳梗塞」。これらを引き起こす「新国民病」と言われているのが、「熟年期障害」です。気づきにくく、重症化しやすいからこそ、早期発見がカギになります。

ここでは、健康寿命に深くかかわる「テストステロン」の研究者として、「熟年期障害」の治療、高齢者の健康を守る取り組みを数多く実践している平澤精一さん著者『熟年期障害』(出版社:アスコム)の中から一部を抜粋・編集してご紹介します。

熟年期障害とは何か?  

60代以降の男女を襲う「無気力」「判断力の低下」は、熟年期障害のサイン

熟年期障害の症状を「ただの加齢」と考えてはいけない

お話を始める前に、みなさんにぜひやっていただきたいことがあります。
チェックリストと、ご自身、もしくはご家族の状態とを照らし合わせてみてください。
このチェックリストは、男性更年期障害の問診に使う「AMS(Aging Maleʼs 
Symptoms)スコア」を加工し、男女を問わず、熟年期障害のチェックに使えるようにしたものです。

いかがでしょうか?  
もし「熟年期障害の可能性がある」という結果が出ても、心配はいりません。適切な治療を行えば、症状が改善する可能性が十分にあるからです。

◉各設問に当てはまる症状の程度をチェックし、点数を合計してください。  

17〜26点  
熟年期障害ではない  

 27〜36点  
軽度熟年期障害の可能性➡一度テストステロンの値を測定してください  

37〜49点  
熟年期障害の可能性➡泌尿器科にご相談ください  

50点以上  
重度熟年期障害の可能性➡ぜひ泌尿器科にご相談ください

まずはこの本をお読みいただき、必要な知識を手に入れたうえで、お近くの泌尿器科などに相談してみてください。  
さて、いきなり「熟年期障害」という耳慣れない単語が出てきて、みなさんの中には戸惑っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

熟年期障害とは  
60歳から80歳にかけての「熟年期」に、「テストステロンというホルモンの分泌量の低下」もしくは「亜鉛という栄養素(ミネラル)の不足」によって引き起こされる、さまざまな心身の不調のことであり、加齢やストレス、食生活の乱れなどがその原因となります。

熟年期障害の主な症状

・何に対しても興味が持てず、やる気が起こらない  
・外出する気になれず、引きこもり状態になっている 
・判断力が低下した  
・物忘れがひどくなった  
・昔は簡単にできたことが、できなくなった  
・イライラや不安感に襲われやすい  
・疲れがなかなか取れず、だるい  
・肩や腰などが痛い  
・肌荒れや脱毛がひどく、見た目が急激に老け込んできた  
・よく眠れない  
・性欲がない  

といったものが挙げられます。  
もしかしたらみなさんは「なんだ、大したことないじゃないか」「年をとればよくあることじゃないか」と思われるかもしれません。

しかし、テストステロン不足、亜鉛不足によってもたらされるこうした症状を「加齢のせい」と軽く考え、放置してはいけません。

適切な治療を行わずにいると、心身の健康状態がどんどん悪化し、あっという間に寝たきりになってしまうこともあるからです。

熟年期障害は誰がかかってもおかしくない、日本の新たな国民病  

熟年期障害は、単なる「老化現象」ではなく、れっきとした「病気」です。  
そして、高齢化社会の進展および、食生活の変化やストレス過多などにより、男女を問わず、現代日本人の多くがテストステロン不足、亜鉛不足に陥っていることから、今後、熟年期障害を患う人は増えていくと考えられ、いずれは日本人の約8割がかかるのではないかともいわれています。

熟年期障害は、まさに「日本の新たな国民病」であるといえるでしょう。
 
また、テストステロンは、一般的には「男性ホルモン」として知られていますが、女性の体内でもテストステロンは分泌されています。

特に閉経後の女性は、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌が急激に減少してホルモンバランスが変化するため、テストステロンの影響をより強く受けるようになります。

熟年期障害は、男女を問わず、熟年期を迎えれば、誰がかかってもおかしくない病気なのです。