海外でもエスカレーターの片側空けには賛否両論で、2列で乗ってもらうべく試行錯誤中という記事をお伝えしたばかりだが、日本でも7月21日から、「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンというのが始まる。全国の鉄道事業者51社局、商業施設、森ビル、羽田空港、成田空港などの呼びかけで、国土交通省、消費者庁が後援している。

 エスカレーターの利用場面では、バランスを崩して転倒したり、駆け上がったり駆け下りたりした際に他の人と衝突して転倒させるなどの事故が起きている。歩行用に片側をあける習慣は、急いでいる人に配慮した慣習である一方、子供や高齢者の介添えで並んで乗る人や、障害がある人など、片側をあけて乗ることができない人にとっては更に危険な事故につながる可能性がある。そこで全ての人が安心してエスカレーターを利用できるように、というのが「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンだ。

 ポスターを張り出したりディスプレイ広告の掲載、ポケットティッシュの配布などを行う予定というが、いつも空いている方に立ち止まるのは、なかなか勇気のいることでもある。キャンペーンの効果はいかに!?