「この冬は温泉でのんびりしたいけど、どの温泉がいいのかなぁ〜?」――そう思ってるあなたは、このランキングを参考にしてみては? リクルートライフスタイル(東京)が運営する「じゃらんリサーチセンター」が発表した、『じゃらん人気温泉地ランキング2019』だ。今回で13回目の実施となるこのランキングは、旅行サイト「じゃらんnet」会員を対象に実施した温泉地利用に関するアンケート(有効回答数1万1,157人)をまとめたもの。

 まず、これまでに行ったことがある温泉地のうち、「もう一度行ってみたい」温泉地を聞いた『全国人気温泉地ランキング』では、箱根温泉(神奈川県)が13年連続の1位に。さらに、2位 草津温泉(群馬県)、 3位 登別温泉(北海道)がトップ3という結果になった。以下、4位 道後温泉(愛媛県)、5位 別府温泉郷(大分県)、6位 湯布院温泉(大分県)、7位 有馬温泉(兵庫県)、8位 黒川温泉(熊本県)、9位 熱海温泉(静岡県)、10位 下呂温泉(岐阜県)と続いている。

 直近の1年間に「行ったことがある」温泉地の『全国温泉地訪問経験ランキング』では、1位 箱根温泉、2位、熱海温泉、3位 草津温泉がトップ3だった。この3つはメジャー中のメジャーと言えるかも。

 最近1年間に行ったことがある温泉地のうち「満足した」温泉地を尋ねた『全国温泉地満足度ランキング』では、1位 奥飛騨温泉郷(岐阜県)、2位 白骨温泉(長野県) 3位 わいた温泉郷(熊本県)がトップ3に。いずれも人気温泉地ランキングトップ10に入っていないのが面白い。ちなみに同ランキングのうち、1年間の訪問者が50人以上100人未満の秘湯部門では、1位 乗鞍高原温泉(長野県) 、2位 秋田八幡平温泉郷(秋田県) 、3位 小豆島の温泉(香川県) となっている。穴場を狙いたい人は注目だ。

 次に、まだ行ったことはないが、「一度は行ってみたい」温泉地を聞いた『全国あこがれ温泉地ランキング』では、1位 湯布院温泉(大分県)、2位 乳頭温泉郷(秋田県)、3位 草津温泉(群馬県)がトップ3で前年と同じ結果だった。

 あ〜、どこでもいいから行きたいなぁ、温泉!