11月21日、2019年のボジョレーヌーヴォーが解禁された。「ボジョレーヌーヴォー」は、フランスのボジョレー地区で作られ、その年に収穫されたブドウを使った“新酒”の赤ワイン。ワインの品質を担保する目的で、11月の第3木曜日午前0時を解禁日としている。日本は時差の関係上、本国フランスよりも早く解禁日を迎え、いち早くボジョレーヌーヴォーが味わえる。ボジョレーヌーヴォーは、その年に収穫されたブドウ品質の指標ともなり、世界中の人が解禁日に合わせて一斉に飲み始める。

 ボジョレーヌーヴォーの解禁をみんなで祝い、カウントダウンを楽しむイベント「祝・とれたて!解禁ボジョパ」が11月21日午前0時、ダイニングバー「NOS Bar&Dining 恵比寿」(東京)で行われた。イベントには、ボジョレーのワイナリー、ジョルジュ・デュブッフ社のアドリアン・デュブッフ・ラコンブ氏も参加。
 ラコンブ氏によると、今年は気候の変化が激しかったためブドウの栽培が難しく、昨年に比べ収穫量が約2割減ったが、最高品質のブドウのみを厳選することで、香りが華やかでイチゴやラズベリーのような風味が楽しめるワインに仕上がったという。

 解禁を前に、ボジョパに参加した女性は「ボジョレーヌーヴォーの解禁日をみんなと一緒に迎えることができてうれしい、今日は楽しみたい」と解禁の瞬間を待ち望んでいた。

 21日の午前0時に合わせて、ボジョレーヌーヴォーがワイングラスに注がれると、会場に集まった多くのワインファンが一斉に乾杯、解禁を祝った。