サントリースピリッツ(東京)は、サントリー山崎蒸溜所(大阪府島本町)、白州蒸溜所(山梨県北杜市)の見学を自宅などからも体感できる「リモート蒸溜所ツアー」を始めた。無料の「360°フリーツアー」は1月21日から始まっており、有料の「オンライン・ライブ」は2月6日開始。

 ウイスキーづくりの現場の様子を体感してもらおうと、ウイスキー蒸溜所の見学を実施してきた同社。現在はコロナ禍で見学受け入れを休止しており、ツアー再開を望む声も寄せられている。また、従来から、遠方在住のためなかなか工場見学に参加できないという声もあったという。そこで、どこからでも参加できる3D見学や有料ライブを提供することになった。

 「360°フリーツアー」(無料)は、360°バーチャルリアリティ技術で、山崎蒸溜所ウイスキー館・白州蒸溜所ウイスキー博物館(一部)の空間を、24時間いつでも見学できる無料のツアー。展示それぞれに詳細情報がリンクされており、展示に関する解説や動画を見ることができる。展示内容に関するクイズが用意されているほか、ショップでのオリジナルグッズ購入もできる。

 「オンライン・ライブ」(有料)は、ナビゲーターがライブ配信で蒸溜所を案内するツアー。チャットを通じての質疑応答など双方向のやり取りをしつつ、山崎蒸溜所・白州蒸溜所それぞれの製造工程を臨場感ある360°視点映像などで見学。ツアーの後半には、事前に郵送されるセミナー用ツールを使ってシングルモルトウイスキーのテイスティングを楽しむことができる。いずれの蒸溜所も土・日を中心に開催予定で各回定員100人(事前予約制)。参加費3,000円(税別)。