花粉の季節は大変だけれど、今年は加えて“コロナ換気”の必要性。この板挟み状態はどうしたら? という悩みに、専門家が次善の策を解説してくれている。どうやら鍵はエアコンと空気清浄機の2台使いのようだ。

 昨年に比べ、多い地域だと飛散量が倍になると言われる今年の花粉。新型コロナウイルス感染症対策中の今、パナソニックが首都圏在住の536人を対象とした調査を実施したところ、花粉シーズンでも例年より換気したいという人が58.9%。一方、花粉の侵入が気になる人も7割近く。室内の花粉飛散などを研究する群馬大学・髙橋俊樹准教授によると、窓開け換気で毎時30㎥の空気を取り入れると、飛散のピーク時には関東で数百〜数千個の花粉を室内に持ち込むことになるという。その花粉は部屋の隅や柱の周り、家具の角、カーテンなどの布製品や、化学繊維など静電気が起きるところに付着して溜まることが多いという。

 ではどうするか? 「どうしても窓開け換気をしたい場合、空気清浄機の利用が考えられます。その際、空気清浄機の排気によって、侵入した花粉が舞い上がらないよう、位置を考慮して配置する必要があります。お使いの空気清浄機が、前面もしくは背面に吸い込み口があるモデルの場合、窓に吸い込み口が対向するように配置。一方、吸い込み口が側面にあるモデルの場合は、少しずらして配置するとより効果的でしょう。その際、窓の近くに配置するほうが花粉の侵入を防げます。また冬場にエアコンと空気清浄機を併用する場合、気流に合わせて部屋の反対側に空気清浄機を置くようにすると、空気の対流を起こすことができ、効果が期待できます」とのこと。

 また、パナソニック エアーマイスターによると、外出先から花粉を持ち込まない、 洗濯物を外に干さない 、窓開け換気の際は幅10cm程度にし、レースカーテンは閉める、こまめに床掃除をする、など日常の努力も必要だという。二重の対策が必要な季節がやってきた。