11月5日の「世界津波の日」を記念した座談会がこのほど、東京都内で開かれた。二之湯智・防災担当・国土強靱化(きょうじんか)担当相らが、災害支援に関心を持つ高校生、震災伝承や防災教育に取り組む自治体職員とこれからの防災の在り方について意見交換した。

伝承・教育の重要性を認識
防災に不可欠な国土強靱化

 座談会には、二之湯・防災担当・国土強靱化担当相のほか、政府のナショナル・レジリエンス(防災・減災)懇談会座長の藤井聡・京都大大学院教授、宮城県多賀城高校災害科学科2年の三浦誠鈴さん、同県復興支援・伝承課職員の菊池亜紀さん、高知県黒潮町教育長の畦地和也さんが参加した。進行はフリーアナウンサーの酒井千佳さんが務めた。

災害時に役立つ人に

二之湯 2011年の東日本大震災で日本人は改めて津波の恐ろしさを知った。15年の国連総会で制定された「世界津波の日」は、世界中で津波への備えが高まることを願い日本が提唱した。

酒井 震災で多くの人が真剣に防災を考え始めた。三浦さんが「災害科学科」に進んだ理由は。

三浦 災害時に役に立つ人間になりたかったから。将来は支援物資を被災地に運ぶ飛行機を誘導する、航空管制官になりたい。学校では、気象情報や心肺蘇生の方法など多くの専門的なことを学ぶ。被災地を訪れ被災された方から話を聞く授業もある。現地に行かなければ分からないことがあることを知った。所属する語学研究部では多賀城市内に住むミャンマーの人に災害時の非常食を知ってもらう活動をした。その際、写真や図を使った説明は「役に立った」と喜んでもらえた。

伝承に終わりはない

酒井 災害時に必要な情報を外国人に伝える試みは素晴らしい。菊池さんは震災の教訓を次世代に伝える伝承事業を担当する。その意義は。

菊池 悲しみや混乱を繰り返さないために伝承は絶対に必要だ。教訓を伝える伝承活動に終わりはない。私は気仙沼市の大島で被災した。二度とつらい思いをする人を見たくない。伝承に携わるため県職員になった。今年6月開館した宮城県運営のみやぎ東日本大震災津波伝承館は、被災者や救命活動に従事した人のインタビュー映像などで震災を伝える。10月末時点の来館者は2万人を超える。

自然の二面性を伝える

酒井 伝承には防災教育も欠かせない。畦地さんが教育長を務める高知県黒潮町の防災教育の特色は。

畦地 南海トラフ巨大地震で黒潮町に押し寄せる津波の高さは、国の被害想定では最大34・4メートル。この想定は町の防災教育を一気に進めた。わが町では自然の恵みと災いの二面性を子どもたちに教えている。自然の危険性だけを教える「脅かしの防災教育」はしない。災害から自分や他者の命を守ることを教えつつ、郷土の自然の恵みにも目を向けてもらう。地元の自然も含めた郷土愛を育むためだ。小中学校の防災教育は地域の大人たちの防災意識も高める。災害時に避難支援が必要なお年寄りや障がい者ら「要配慮者」宅を訪ねる中学生の訪問活動は、高齢者らの避難訓練参加率を高めることにつながった。

津波の日に思うべきこと

酒井 3人の取り組みへの感想は。

藤井 いずれも津波から国民の命を守る上で大変心強い取り組みだ。東日本大震災では地震発生から津波が押し寄せるまでの間、多くの人はまだ生きていた。津波が来る前に高いところに逃げていれば多くの人は助かった。このことを忘れてはならない。世界津波の日は、このことを思い出す重要な日だ。
 堤防など防災施設の重要性も忘れてはならない。津波の日は、1854年の安政南海大地震で多くの命を救った浜口梧陵の機知に富む「避難誘導」の故事にちなむが、浜口は次の津波に備えて堤防も造った。堤防はその後の津波から地域を守る役割を果たした。

二之湯 三浦さんの高い志と外国人のことを考えた取り組みに感銘を受けた。教訓を次世代に伝える菊池さんの取り組みにも感心した。畔地さんの話を聞き、防災教育の重要性を改めて思い知らされた。

国土強靱化を推進

酒井 これから取り組みたいことは何か。

三浦 将来、日本の防災文化を世界に広めていきたい。災害がいつどこで起こるかは誰にも分からないから。今は、高校生でもできる、身近な人の防災意識を高める努力をしている。世界に日本の防災文化を広めるためにも、災害の教訓を伝え続けていくことは大切だ。伝承活動にも取り組みたい。

菊池 東日本大震災当時、大切な家族を亡くした人や、住む家やカキの養殖いかだなど生活基盤を失った人を数多く見た。動いていないと自分自身の心が壊れてしまうと思い、避難所では避難者全員分のおにぎりを同級生と一緒に作って配り、井戸水をくむ手伝いもした。電気、水道、ガスのない避難生活を続ける中で、それまでの「当たり前の生活」は、当たり前ではなかったことに気付いた。そんな時、友人や近所の人たちが自身もつらいのに励ましてくれた。大島の近所付き合いの良さを知った。大島の生活の中には人を助ける文化がある。人と人とのつながりをこれからも大切にしたい。

畦地 世界の高校生が集う「世界津波の日高校生サミット」を黒潮町で16年に開いた時、自然災害は、思想、宗教、国境を超えて論じ合えると感じた。自然災害から自分や他者の命をどう守っていくかは、世界共通の課題だ。共通の目的に向かって各国の生活の中に根付いた防災文化を学び合うことができる。
 また、防災を考えることは、人生や命を考えることにもつながる。自身を育ててくれた家族や保護者への感謝の気持ちも生まれる。防災教育を通じて黒潮町の子どもたちが、自分と他者の命を大切にする人間になってほしい。

藤井 日本社会の中には真面目であることをやゆする雰囲気が少なからずある。津波を経験していない人の中には、津波などの自然災害に備える防災は、自分とは無関係な、真面目で地味な退屈な話と思われるかもしれない。
 しかし、防災はわれわれが生きていく上での前提そのものだ。真面目に真正面から防災をとらえたときに初めて、われわれは、人間に一番必要な倫理、道徳、規範を身に付けたしっかりした人間になれる。防災を真面目に考えない生き方は、どこか投げやりな〝ふざけた人生〟になってしまわないか。私は津波に真正面から向き合える人間でありたい。

二之湯 みなさんの話を聞き改めて防災意識の重要性を認識した。災害時に助け合う、日ごろの人間関係の大切さも学んだ。近所付き合いに煩わしさを感じる人もいるが、いざというときは、ご近所の助け合いが必要になる。
 自助・共助・公助とよくいわれるが、自助の精神を持ち、近所でお互い助け合うことが大切だ。最後のとりでである公助は政治の果たすべき使命の一つだ。近年頻発する災害に改めて国土強靱化の必要性を痛感する。これからも、防災力強化に欠かせない国土の強靱化を着実に前に進めていく。

世界津波の日

 2015年12月の国連総会で11月5日を世界津波の日とする提案が全会一致で採択された。日にちは、1854年11月5日の安政南海大地震にちなむ。この地震による津波から多くの人命を救った、和歌山県の浜口梧陵の優れた避難誘導は、今も語り継がれている。