各地で花が咲き乱れる季節、横浜でも10万本のチューリップを楽しめる第46回「よこはま花と緑のスプリングフェア」2024が、横浜公園や山下公園、日本大通りなどで4月6〜30日まで開催される。これに先がけて、3月23日から横浜の街を舞台に美しい花と緑をネックレスのようにつなぐ「ガーデンネックレス横浜2024」がスタートする。これは6月9日まで続く。

 4月に最盛期を迎えるチューリップは、横浜市限定の品種「ラバーズタウン」をあちこちで鑑賞できる。花弁の上部にフリルが入り、咲きながら白からピンク色へと花色が変化する移り咲きの品種だ。横浜公園では秋に市民と植えた約70品種10万本を超えるチューリップが咲き誇り、歴史的建造物やオープンカフェが並ぶ日本大通りの横浜公園から横浜港の区間では、約30品種2万本のチューリップが400mにもなる花回廊となって街をカラフルに彩る。

 赤レンガ倉庫を背景に、風に揺れる芝生のナチュラルガーデンが魅力の新港中央広場、チューリップ・スイセン・ムスカリなどの春咲き球根をランダムにミックスして植えた花壇の景色が美しい山下公園など、色鮮やかなチューリップがみなとエリアを盛り上げてくれる。