男子の国枝慎吾、女子の上地結衣が準優勝した、2022年の全米オープンテニス・車いすの部。男女シングルスはドロー数が「8」から「16枠」に 拡大されて日本選手8人が出場し、大きなインパクトを残した。

そしてもう一つ、この競技の未来にとって大きな意義があったのは、ジュニア車いす部門(男女シングルス、ダブルス)が初開催されたこと。グランドスラムレベルの大会で初めてであり、そこでも日本人選手の躍進があった。

ファイナルセットでリードするも……

ジュニア車いす部門・女子シングルスに日本選手としてただ一人出場した高室侑舞(ゆま)。 今大会では一回戦を6-3、6-4で、準決勝を4-6、7-5、6-3 で勝利。10日(現地時間)に行われた決勝では、17歳のジャジ・モレイラ・ラナイ(ブラジル)と対戦した。リラックスした様子でプレーするラナイに対し、高室は第1セットを落とし、第2セットは序盤の硬さの取れた高室が圧倒。ファイナルセットでは高室が6-5とリードし、第12ゲームではマッチポイントを迎えて優勝を目前にする。しかし、タイブレークに持ち込まれて5-7、6-2、6-7で敗れた。

敗れたとはいえ、終始堂々としたプレーに、観客から惜しみない拍手が送られた。だが、意外にも「こんなにたくさんのお客さんがいる中で自分のプレーを披露したことはないので、ずっと緊張していました」と試合後はリラックスした表情で話した。

高室は堂々としたプレーで好勝負を展開した

今年5月の車いす世界国別選手権(チーム戦)に出場し、国際大会出場の経験はあったが、個人戦としては初めて挑む国際大会がグランドスラムという大舞台になった。

「いざ試合となったときは、ネガティブにはならないように、(ボールが)入る、入らないではなく、楽しくやることを意識しました」

会場の広さ、観客の多さに圧倒されながらも、「試合の途中で応援してくださる方たちの声は聞こえた」と冷静な一面もうかがえた。

試合を見守っていた姉の高室冴綺が試合直後、落胆する妹を長い時間かけてしっかりと抱きしめ、声をかけている姿が印象的だった。

激闘の後の表彰式。高室(左)を破ったレナイ(右)がジュニアの初代女王に

実は姉の冴綺は東京パラリンピックに出場した車いすテニスプレーヤーで、自身も今大会の車いす部門でグランドスラム初出場を果たしている。

競技者として先輩である姉の目には、はたから見ていても緊張していたのがわかったという。
「準備の面で『こういうときはどうしたらいい?』という相談を受けました。それでも、妹は自分でしっかりと戦い切る準備はしていたのかなと思います」

そんな冴綺の隣で侑舞本人は笑う。
「なるようにしかならないと思っていました」

ジュニア準優勝の自信を胸に

決勝で敗れはしたが、収穫は十分得られたようだ。第2シード、ルビー・ビショップ(イギリス)を準決勝で倒したことが自信になった。さらに、戦ってきた試合の中で、自分に足りない部分も見つけられた。そして、これまで次の大きな目標を2028年のロサンゼルスパラリンピックとしてきたが、今回、「予定になかった」(高室)全米オープンに出場する機会を得て、プランが変わったという。

「準優勝でしたけど、ここで、ここまで通じるということは、他の国際大会でもできると思うので、来年の全米オープン優勝を目指したい。それまでにはジュニアマスターズ、他の国際大会でも結果を残したい」と意欲をみせる。

今回、高室が大きな手ごたえを掴んだジュニアカテゴリーの新設は、どんな意義があるのだろうか。

パワーのあるショットが持ち味だ

「ジュニア部門の開催は分岐点になった」と語るのは、自身も車いすテニスプレーヤーで、フリーランスのライターとしてイギリスから取材に訪れていたジェンマ・スティーブンソンさん。

「せっかく才能がある選手がジュニアにいても、彼らの試合は、グランドスラムレベル大会のような世界トップレベルの16人にまでにならないと見る機会がなかった。去年まではさらにトップ8人だったわけです。もし今回のような機会がなければ、今大会の男子シングルス、ダブルスで優勝した、17歳のベン・バートラム(イギリス)のようなレベルの高いプレーを多くの人が見る機会はなかったでしょう。次世代のプレーを見る機会を作ることは、車いすテニスの競技人口を増やし、競技のレベルを高めることにもつながる。全てのグランドスラム大会が車いすテニスのジュニア部門を設けるべきだと思います」

「ほんとに良い試合だった」。USTAの車いすテニス委員で、車いすテニス大会「ケイジャン・クラシック」のディレクターも務めている、ジェニファー・エドモンソンさんは、高室とレナイの決勝を振り返る。

「彼女たちはナーバスになっていたと思うけど、それを乗り越え、試合の最後に最高のプレーをした。アスリートとしてはもちろんのこと、若い彼女たちにとって収穫になったと思います。同世代にとっていいお手本になるのではないでしょうか」

エドモンソンさんは続ける。
「今回のジュニア部門初開催は、若い世代に向けて、『頑張ればグランドスラムに行ける』という可能性を示したことに大きな意義がある。車いすテニスという競技を発展させ続けるために、長い間待ち望んでいた歴史的な瞬間でした」

高室は小1からテニスを始めた

高室は小1からテニスを始めたが、病気の進行で車いす生活に。小3のとき車いすテニスに転向。大会に出場し始めると、出場者たちが楽しんでプレーしていることに気づかされたという。「スポーツを通してわかりあえることがあると思う。そこを知って、テニスってすてきだなと思った」

今回、グランドスラム準優勝という大きな結果を出した15歳は、同世代に向けるメッセージを求められると、凛とした表情でこう話した。

「途中で障がい(者)になったり、私みたいに生まれつきだとか、いろんな方がいると思います。私もそうですが、諦めない心と、一歩踏み出せる自信があると、試合のときとか、テニスを始めようと思ったときとか、そういうときに役立ちます」

世界が目にした高室のプレーは、車いすテニスの発展だけでなく、同世代の未来も明るく照らすものになったはずだ。

edited by TEAM A
text by Shintaro Tanaka
photo by AP/AFLO