(猫びより 2017年7月号 Vol.94より)

新しいビルが立ち並ぶ名古屋駅から地下鉄で10分程の大須界隈は、名古屋城の寺町として昔から神社や商店が多く、老若男女が集まる街。東仁王門通を南に少し入る道に、アクセサリーショップ「Chat Noir(シャノワール)」があります。

店先のウインドウで寝そべるアメショ柄のトラ君(7歳♂)に誘われてお店に入ると、黒猫のクロ君(2歳♂)もショーケースの上から見守っていてくれました。

オーナーの黒木衣美子(えみこ)さんがキジトラのしま君(5歳♂)も優しく抱っこして連れてきてくれました。3匹とも保護猫で、彼らに会うのが目的でお店に訪れるお客様も多いとか。一番若いクロ君がヤンチャして怒られると、面倒見の良いトラ君が仲裁するように間に入るそうで、なんとも微笑ましいです。

そんな猫たちがいるジュエリーショップは2009年3月にオープンし、黒木さんがデザインしてオーダーしたオリジナル猫アクセサリーが、黒を基調としたシックな店内に多数並んでいます。

Chat Noirは、フランス語で黒猫を意味し、フランスやドイツでは幸運の象徴。ペアアクセサリーやアクセサリーを買うお客様全てに幸福が訪れますように、と願いが込められています。シンプル& 個性的な猫アクセサリーを探すならChat Noirへ是非どうぞ。

Chat Noir

Chat Noir
愛知県名古屋市中区大須3-42-14
TEL 052-212-8998
営業時間/11:00〜20:00
定休日/不定休
http://chatnoir.ocnk.net/

取材・原田佐登美