可愛すぎる“スナネコ”の魅力♡

世界最小級の野生ネコ、その名は“スナネコ”。
今回は、栃木県にある「那須どうぶつ王国」で産まれたスナネコをご紹介します。
なんと、日本国内の動物園でスナネコの赤ちゃんの繁殖を行ったのは初めてのことなんだとか。その生態を紹介しつつ、可愛い姿をじっくりご覧ください♡

出典 : https://twitter.com

こちらがスナネコの“アミーラ”ちゃん。

2020年4月末にシャリフ(父親)とジャミール(母親)の間に産まれた女の子。

“アミーラ”とはアラビア語で“お姫様”という意味で、一般応募から命名された名前なのだとか。
その名にふさわしく気品があって凛とした佇まい。

しかしここまで成長するまでには大変な苦労もあったようで…

今回の出産で、3頭のうち2頭は残念ながら死産となってしまい、最後の1頭だったアミーラちゃんも低体温と脱水でとても危険な状態で産まれました。

しかし、母親も初産だったため子どもへの接し方が分からず、アミーラちゃんを上手に温めることができませんでした。このままでは命に危険が及ぶと判断し、人工哺育に切り替えることに…。体温を落とさぬよう体を温めたり哺乳、排せつ、マッサージ…飼育員さんも寝る間を惜しんでお世話をしたそうです。
その甲斐あって、なんとか一命をとりとめたアミーラちゃん。

まだまだ子供だけど、今では元気いっぱい素敵なレディになりました♡

スナネコ、またの名を「砂漠の天使」♡

スナネコの特徴は、大きな三角耳と綺麗な縞模様。アフリカなどの砂漠地帯などに生息するため毛の色は砂漠に溶け込むような色をしています。大人になるにつれて、灼熱の砂から足裏を守るため肉球を覆うように毛が生えてくるそうです。

出典 : https://twitter.com

獲物を狙う姿はとってもワイルド!!

クリクリお目々で可愛いけれど、見た目の可愛さと裏腹に牙も鋭い肉食の野生ネコ。一度狙われたら逃げられないかも!?

そして、アミーラちゃんが産まれた3ヶ月後…

出典 : https://twitter.com

新たに3匹のスナネコが誕生!!

出産直後に低体温で衰弱した1匹は人工哺育となり、他の2匹は母親が巣箱で育てることに…。

出典 : https://twitter.com

グビグビ… グビグビ…

衰弱していた妹スナちゃん。
アミーラちゃんの時と同様、飼育員さんの努力のおかげで今では元気に育っています。

出典 : https://twitter.com

怒りっぽい=気が強い!?

今にも泣き出しそうな困り顔だけど…飼育員さん曰く、ちょっぴり気が強い性格なんだとか。
まさにスナネコらしい性格の妹スナちゃん!!

一方…

出典 : https://twitter.com

じーーーっ(ΦωΦ)(ΦωΦ)…(ΦωΦ)

こちらは母親に育てられている妹スナーズ。後ろからジャミール母さんも覗いてますね。

離れているものの、3匹は“アミーラシスターズ”として早くも動物園の人気物に…♡

そんな妹たちができたアミーラちゃん。
人工保育で育った妹スナとの面会を果たしたようで…

出典 : https://twitter.com

お互い興味津々の様子♡

同じ人工保育で育った似た者同士。
それぞれ感じるものがあるのかな。

姉妹でじゃれ合う姿が見られる日もそう遠くはないかもしれませんね♡

スナネコの成長は今しか見れない貴重な時間。肉球を埋め尽くす毛はもう生えたかな。

アミーラちゃんとアミーラシスターズの今後の成長に期待大です!!

最後に

可愛いスナネコちゃんですが、牙や爪が鋭くペットとして飼うことはとっても難しいみたい。なので、その姿が見たくなったら那須どうぶつ園でご覧くださいね〜!