zionoteは、同社が取り扱うJAVSのDDコンバーター「X7-DDC-Femto」を、12月24日より発売する。価格は125,000円(税抜)。カラーはダークブラック、グレイシルバーをラインナップする。

2017年7月に発売された「X6-DDC-femto」の後継機種。全ての入力を非同期方式のFemtoクロックでリクロックできることが特徴で、新モデルとなりリアルタイムOSで電源管理などを最適処理させている。サンプリングレートはPCM 384kHz/32bit、DXD 384kHz/32bit、Native DSD 256など、USB-A、B、Mini接続に対応。また、S/PDIFは192kHz/32bit、I2Sは384kHz/32bitまでの対応へと向上した。

加えて、専用のWindowsドライバーによりMQAフルデコードに対応。優れた解像度と情報量、立体感の向上をアピールしている。

独立した2つの超精密Femtoクロック(44.1kHzの整数倍2.5792MHz、48kHzの整数倍24.576MHz)回路を使用して、入力されたすべての音源をデータ処理。パソコンとのUSB接続だけでなく、 AndroidやiOSデバイスからのUSB入力も非同期方式にてFemtoクロックでリクロックする。

デジタル出力には光TOS、RCA同軸、AES/EBU、JAVSLINK3を各1系統装備。デジタル入力はTOS、RCA同軸、AES/EBU、USB-A、USB-B(3.0)、USB-miniBを各1系統備える。外形寸法は260W×67H×215Dmm、質量は1.5kg。