エソテリックは、SACDプレーヤー「Grandioso K1X」専用の外部強化電源ユニット「Grandioso PS1」を、2月1日より発売する。価格は1,200,000円(税抜)。

Grandioso K1Xはフラグシップシリーズ “Grandioso” にラインナップされる一体型SACDプレーヤーで、同社トランスポート・メカニズムの基幹技術「VRDS(Vibration-Free Rigid Disc-Clamping System)」史上最高の剛性&重量級コンストラクションを誇る「VRDS-ATLAS」、および完全自社設計のディスクリートD/Aコンバーター「Master Sound Discrete DAC」を搭載する。

一体型設計による優れたスペースファクターを実現する一方、セパレート型プレーヤー「Grandioso P1X」「Grandioso D1X」に肉薄するパフォーマンスを得るために、今までにない拡張性を備えることが開発の重要なテーマになっていたという。そして、開発を進める評価過程において、さらなる音質強化のために外部強化電源ユニットのアイディアが生まれ、Grandioso K1Xと並行して開発が進められたのがGrandioso PS1となる。

Grandioso PS1にはGrandioso P1XやGrandioso C1で培った外部DC電源ユニットによる高音質設計のノウハウを投入。物量を投入し設計された電源ユニットにより、VRDS-ATLAS、Master Sound Discrete DACのパフォーマンスを最適化、Grandioso K1Xの持つ圧倒的にリアルな生演奏に近い再生能力をさらに向上させるとしている。

また、「Grandioso K1」(生産完了モデル)にGrandioso PS1を接続する端子を追加するバージョンアップサービス「VUK-K1PS1」も提供。3月1日より予約受付を開始し、実機を預かっての作業は4月下旬以降の開始を予定する。価格は150,000円(税抜)。