ネットワークジャパンは、同社が取り扱う独QUADRALのトールボーイスピーカー「AURUM ORKAN9」を2月20日に発売する。価格は90万円(税抜・ペア)。

3ウェイ4スピーカー構成のリアバスレフ型トールボーイスピーカー。高域にはAURUM9シリーズを象徴するリボントゥイーター「quadral quSENSE」を搭載。従来のタイプより垂直方向を短くし、水平方向の幅を広げることで、65kHzまでの低歪、優れた過渡応答特性、かつ大振幅信号への対応を実現したという。

ミッドレンジとウーファーには、アルミニウム/チタン/マグネシウムの化合物を配合した振動板を用いる「quadral ALTIMA」を採用。ユニットから再生された音を遮るダストキャップや、装着するための接着剤などを廃することで、歪みの排除も追求している。

また、フローロスを最小化するため、新開発のアルミダイキャスト製のバスケットも搭載するほか、ポールコアに銅キャップをかぶせることにより、高調波歪の低減と混変調歪を解消したとのこと。ミッドレンジにはφ155mmのものを1基、ウーファーにはφ180mmを2基搭載しており、リボントゥイーターと一体感の高い再生が行えるという。

本体カラーはハイグロスブラックとなり、キャビネット内部はマッシブな支柱と隔壁で構成する。これにより、強度向上とユニット間の干渉に配慮。加えてキャビネットのコーナーは独自の音響解析技術による曲線で構成し、特性向上を図っている。

スピーカーターミナルにはアルミ製のプレートを用いており、シングルワイヤー仕様。再生周波数帯域は29Hz - 65kHzで、クロスオーバー周波数は260Hz/3.7kHzとなっている。また能率は87dB、インピーダンスは4Ω、定格入力は200W。外形寸法は220W×1030H×360Dmmで、質量は1本あたり29.1kg。