アイレックスは、カナダのハイエンドオーディオケーブルブランド「LUNA CABLES」の取り扱いを2月1日よりスタートすることを発表した。

LUNA CABLESは2015年にダニー・ラブレッキュ(Danny Labrecque)氏とエリック・フォルツィエ(Erik Fortier)氏の2人によって、カナダのケベック州に設立されたケーブルメーカー。ダニー氏は4歳からヴァイオリンをはじめ、ウッドベース、アコースティックギター、エレキギター、ドラムを演奏する音楽家であると同時に、カナダで20年以上オーディオショップで勤めていた経験を持つ。モントリオールの有名オーディオショップで働いていた際に、顧客のためにオーダーメイドのケーブルを製作したことがきっかけで、同じ店に勤務していたエリック氏と共に同社を立ち上げることになったという。

その特徴は自社開発のNeo Vintage銅導体で、銅の配合から自社で開発を行い、線材加工は北米地域でも数少ない120年以上前のヴィンテージの加工機を使用して行っているという。ブランドの信念は「The lessons of the past hold great value(先人の知恵には偉大な価値がある)」で、ヴィンテージのケーブルには現代の最先端のケーブルには出せない音の良さがあり、それを現代ならではのエッセンスと融合させているとのこと。

また、ケーブルに使用する絶縁体等にも最大限こだわり、化学物質は音質悪化の原因になると考え極力排除。天然ゴム、ワックスドコットン、シルク、バーニッシュ等を使用し、ケーブルを覆う外皮のコットンジャケットに至るまで自社で染色し音質の調整を行っている。その結果、人工的な音や音の不自然さが排除され、楽器や声のあるべき本来の鳴り方・聴こえ方を実現しつつ、非常に伸びやかでフォーカスのあったサウンドが得られるという。

価格帯別に外皮の色が異なり、エントリークラスの「GRIS(グリ)」から始まり、「ORANGE(オランジュ)」「MAUVE(モーヴ)」「ROUGE(ルージュ)」、そしてフラグシップモデルの「NOIR(ノアール)」の5つのシリーズを展開。さらには、ROUGEのケーブルを使用し、MUコアという非常に珍しいトランスを使用したMC昇圧トランス「SUT」も製造している。

LUNA CABLESの製品は、2月22日、23日に開催される「オーディオフェスタ・イン・名古屋」にて初披露される予定だ。

<製品ラインナップ(価格はすべて税抜)>

■GRIS

RCAケーブル ¥44,000(1.0mペア)

XLRケーブル ¥65,000(1.0mペア)

デジタルケーブル ¥22,000(1.0m)

USBケーブル ¥44,000(1.0m)

スピーカーケーブル ¥60,000(2.0mペア)

ジャンパーケーブル ¥22,000

■ORANGE

RCAケーブル ¥87,000(1.0mペア)

XLRケーブル ¥130,000(1.0mペア)

デジタルケーブル ¥44,000(1.0m)

USBケーブル ¥87,000(1.0m)

LANケーブル ¥98,000(1.0m)

フォノケーブル ¥87,000(1.25m)

スピーカーケーブル ¥119,000(2.0mペア)

ジャンパーケーブル ¥29,000

アースケーブル ¥22,000(1.25m)

■MAUVE

RCAケーブル ¥173,000(1.0mペア)

XLRケーブル ¥260,000(1.0mペア)

デジタルケーブル ¥87,000(1.0m)

USBケーブル ¥173,000(1.0m)

LANケーブル ¥195,000(1.0m)

フォノケーブル ¥173,000(1.25m)

スピーカーケーブル ¥238,000(2.0mペア)

ジャンパーケーブル ¥44,000

アースケーブル ¥36,000(1.25m)

■ROUGE

RCAケーブル ¥346,000(1.0mペア)

XLRケーブル ¥519,000(1.0mペア)

デジタルケーブル ¥173,000(1.0m)

USBケーブル ¥346,000(1.0m)

フォノケーブル ¥346,000(1.25m)

スピーカーケーブル ¥476,000(2.0mペア)

ジャンパーケーブル ¥58,000

アースケーブル ¥51,000(1.25m)

MCカートリッジ専用昇圧トランス「SUT」¥870,000

■NOIR

RCAケーブル ¥692,000(1.0mペア)

XLRケーブル ¥1,037,000(1.0mペア)

スピーカーケーブル ¥951,000(2.0mペア)

ジャンパーケーブル ¥94,000