パナソニックは、テクニクスブランドのオールインワンオーディオシステム “OTTAVA f” の新モデル「SC-C70MK2」を、10月23日より発売する。価格は100,000円(税抜)。

パナソニックによれば、2017年に発売された「SC-C70」は「オールインワンであること」「CDが再生できること」「ワイヤレス再生できること」「インターネットサービスを利用できること」などが購入動機として多く挙がっており、実際にオールインワンであること、デザイン性、音質への満足度は高かったという。加えてユーザーのおよそ半数が「テクニクス製品を初めて購入した層」であることも特徴的だとしている。

SC-C70MK2は同機の後継にあたるモデルで、オールインワンのコンセプトやデザイン、2cmトゥイーター+8cmウーファー+12cmサブウーファーの3ウェイ+デュアルロングポートの構成や、JENO Engine・LAPCなどの高音質技術、デザインなどは継承しつつ、音質面や機能性など全面的にアップグレードを果たしたという。

スピーカー部分では新開発のトゥイーター/ウーファーユニットを採用。8cm径ウーファーは振動板をパルプとマイカを混ぜたものに変更したことで軽量化し、ハリのあるサウンドを実現。ボイスコイルを4層から2層にしたことで、fレンジピークが立ちにくく、トゥイーターとの繋がりが良くなっているという。

2cm径トゥイーターはドームの高さを低くするとともに、ボイスコイルワイヤーを銅線からCCAW(銅コーティングしたアルミ線)に変更。軽量化により高域の特性を改善したという。また、音響コイルの切り込みの角度も最適化されており、自然な音の広がりを向上させたとしている。

また、部屋や設置場所に合わせてサウンドチューニングする「Space Tune」機能では、「SC-C50」に採用された自動音響補正モード「Space Tune Auto」に新たに対応。「Free」「Wall」「Corner」といった3つのプリセットも引き続き使用できるほか、専用アプリ「Technics Audio Center」からより精密な測定・補正を行うことも可能だ。

ネットワーク機能面では、新たにChromecast built-inを内蔵。本体からSpotify Connect、インターネットラジオ、Deezerも操作でき、BluetoothやAirPlay 2でスマホからワイヤレス再生することも可能だ。

Chromecast/独自のマルチルーム機能にも対応し、プレイリストやインターネットラジオ局のお気に入りプリセット数も9個に増加。「Technics Audio Center」アプリもデザイン・UIを刷新し、より使いやすくなったとのことだ。

加えて3.5mmアナログ、光デジタル、USB-Aの入力端子を搭載。USBからは最大でPCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzのハイレゾ音源が再生可能で、また昨今人気の高まっているアナログレコードも、RCA-3.5mmケーブルなどで接続すれば手軽に高音質なレコード再生を楽しめるとしている。

カラーはシルバーとブラックの2つをラインナップ。デザインは変わらないものの、シルバーモデルは筐体部分の色がブラックからダークシルバーに変更されており、前モデルとはまた異なる雰囲気になっている。

外形寸法は450W×143H×280Dmmで、質量は約8.0kg。リモコンや電源コード、FM簡易型アンテナ、AMループアンテナ、リモコン用乾電池が付属する。

また同社は、SC-C70MK2を購入し、応募した方全員にオリジナルの専用オーディオボードをプレゼントするキャンペーンを10月23日より開始する。

ボードはTAOCと共同開発されたもので、TAOC独自開発の鋳鉄粉入りハニカムコアを、音質を吟味した高密度MDF材で挟んだ5層構造のもの。この2素材を組み合わせることで低音が発する過大な振動を効果的に吸収し、かつ木材ならではの自然な響きが音楽にうるおいを与えるという。外形寸法は500W×24H×350Dmmで、質量は約6.0kg。

キャンペーンの購入期限は2021年1月19日で、応募期限は2021年1月29日17時まで。ボードは専用に作られた非売品なので、SC-C70MK2を購入した場合は忘れずに応募しておきたいところだ。