代官山T-SITE内の代官山Session:にて、ソニーミュージックが復刻したジャズの名盤シリーズ「ジャズ・アナログ・レジェンダリー・コレクション」の発売を記念するイベントが開催される。日時は10月23日19時より。参加は無料だが、レコードの購入者を優先受付/入場とする。

「ジャズ・アナログ・レジェンダリー・コレクション」は、マイルス・デイビスの『カインド・オブ・ブルー』(モノラル/ステレオ)などのモダンジャズの名盤を、ソニーの国内カッティング、プレスで発売するシリーズ。第一弾が9月23日に発売され、デイヴ・ブルーベックの『タイム・アウト』、ビル・エヴァンスの『ライヴ・イン・トーキョー』なども同時にリリースされた。

トークイベントには、「ジャズ・アナログ・レジェンダリー・コレクション」のシリーズ監修者の岡崎正道氏、塙耕記氏に加え、オーディオ評論家の土方久明氏が登壇。シリーズ制作の裏話のほか、ジャズの名盤を、現代のアナログプレーヤーで再生する楽しみ方を紹介する。

アナログの再生機器として、ティアックのアナログプレーヤー「TN-5BB」と、フォノアンプ「PE-505」を使用、本格システムでジャズ名盤を楽しめるイベントとなっている。

●ご予約・お問い合わせ

代官山蔦屋書店 音楽フロア

TEL:03-3770-2525

■イベント詳細

日時:10月23日(金) 19:00〜

場所:代官山T-SITE内 代官山Session:

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15

定員:40名

登壇:ジャズ評論家 岡崎正道 ディスクユニオン塙 耕記 オーディオ評論家 土方久明