トライオードは、同社が取り扱う英国スペンドールのブックシェルフスピーカー「Classic 4/5」を2月下旬に発売する。価格は250,000円(ペア/税抜)。

2017年10月発売の新「Classic シリーズ」にラインナップした「Classic 3/5」の後継として開発されたモデル。エンクロージャーを原点となる英国BBCのモニタースピーカー「LS3/5a」に近い寸法に変更した。

ウーファーには150mmのユニットを採用し、振動板にはEP77ポリマーコーンを採用。駆動機構を大振幅に対応させたほか、マグネシウム合金のダイキャスト鋳造フレームを採用する。

またトゥイーターには、22mmの振動板を幅の広いエッジで支えるワイドエッジトゥイーターを採用する。小型振動板の高域特性と大型振動板の低域特性の両方を兼ね備えることで、「広い周波数帯域に渡り安定して歪みの少ない再生」を実現したという。

クロスオーバーネットワークにはリニアリティの良いフィルムコンデンサーを採用。インピーダンスは8Ωとすることで、トランジスタアンプから真空管アンプまで様々なアンプでの駆動しやすさに配慮した。周波数帯域は55Hz - 25kHzで、クロスオーバー周波数は4.2kHz。また出力音圧レベルは84dB、最大入力は100W。

すべて英国の自社内で設計と生産が行われ、エンクロージャーの仕上げは天然技の突板仕上げとなる。基本色としてチェリー、受注発注としてナチュラルウォルナットも用意する。外形寸法は190W×308Hmm×165Dmmで、質量は5kg。金メッキバナナプラグを採用する。