エレクトリは、同社が取り扱うMcIntosh(マッキントッシュ)の真空管ステレオパワーアンプ「MC1502」と、ソリッドステートモノラルパワーアンプ「MC830」を発売した。価格はMC1502が1,500,000円(税抜)、MC830が1,100,000円(ペア/税抜)。

MC1502は、2019年に発売されたブランド70周年の限定真空管パワーアンプ「MC2152」の後継として、同一仕様とサウンドパフォーマンスのまま、現在のメインストリームのマッキントッシュデザインを採用し、レギュラー化したモデル。

出力真空管として「KT88」を各チャンネル4本ずつ、計8本搭載。ソケットのベース部はセラミック製のベースに金メッキ接点を施したもので、エアパイプ冷却機能を搭載することで長寿命化を実現。また、バランスアンプとインプットアンプ用に「12AX7A」真空管、ボルテージアンプとドライバーアンプ用に「12AT7」真空管を各4本ずつ搭載する。

定格出力は150W+150Wで、出力インピーダンスは2Ω/4Ω/8Ω。同ブランド創業時からの特許技術「Unity Coupled Circuit出力トランス技術」により、出力インピーダンスを問わず150Wのフル出力が可能。また、Sentry Monitorテクノロジーにより出力電流をモニターし、安全限界を超えるとアンプがシャットダウンする仕様となっている。

筐体は鏡面仕上げのステンレススチール製で、2つの出力トランスが電源トランスを挟み込む形で配置。各トランスは配線図の表示されたガラストップ押し出し材のアルミケースに収納され、また12ゲージのステンレス・ワイヤー・ゲージにはブラック・パウダー・コーティングが施され、真空管を保護するという。

入力端子はバランス/アンバランスを1系統ずつ装備し、パワーコントロール技術によって接続されたマッキントッシュコンポーネントを自動的にオン/オフ可能。スピーカー端子は特許技術のSolid Cinchスピーカーバインディングポストにより、ケーブルを確実に接続するとしている。

再生周波数帯域は20Hz - 20kHzで、ダイナミック・ヘッドルームは1.2dB。S/Nは112dBで混変調歪率は0.5%、入力感度は3.4V(バランス)/1.7V(アンバランス)。外径寸法は464W×260H×533Dmmで、質量は53.5kgとなっている。

MC830は、マッキントッシュの「MC275」「MA252」などと同様のオープンシャーシ・インダストリアルデザインを採用するソリッドステートモノラルパワーアンプ。筐体両サイドには「Mc」ロゴがあしらわれたモノグラム・ヒートシンクを装備する。

ダイレクト・カップリング出力設計により、300W+300W(8Ω)/480W+480W(4Ω )の定格出力を実現。再生周波数帯域は20Hz - 20kHzで、ダイナミック・ヘッドルームは2dB。S/Nは120dB(バランス)/118dB(アンバランス)で混変調歪率は0.005%(20Hz - 20kHz)、入力インピーダンスは22kΩ。

アンプの出力信号をモニターし、クリッピング回路を防ぐパワーガード回路を搭載。入力端子はバランス/アンバランスを1系統ずつ装備し、スピーカー端子にはSolid Cinchスピーカーバインディングポストを搭載。バインディングポストには金メッキが施され、腐食を防ぐとともにオーディオ信号を確実にスピーカーに伝送するという。

ほか、接続するマッキントッシュコンポーネントの電源を管理できるパワーコントロールポートや、オーディオ信号がなくなると約30分後に電源が自動的にオフになるオートオフ機能なども搭載。外径寸法は312W×241H×406Dmmで、質量は21.8kg。