ユキムは、同社が取り扱うELACブランドの “Debut Reference” シリーズより、センタースピーカー「DCR 52」を3月下旬から発売する。価格は71,500円(税込)。

「DCR 52」は、φ25mmクロスドーム・トゥイーターを1基、φ130mmアラミド・ファイバーコーン・ウーファーを2基搭載する2ウェイ・バスレフ型のセンタースピーカー。

Debut Reference(デビューリファレンス)シリーズにラインナップする。同シリーズは、スピーカーエンジニアのアンドリュー・ジョーンズ氏がELACブランドで初めて手掛けたエントリーライン “Debutシリーズ” に、カジュアルでレトロな外観、屈託なく気持ちよく鳴るチューンを加えたというスペシャルモデル。

ブックシェルフ型の「DBR 62」、フロア型の「DFR 52」をシリーズ展開しており、これらのスピーカーと組み合わせて、高品位なマルチチャンネルシステムを構築できるとしている。

周波数特性は55Hz - 35kHz、インピーダンスは8Ω、能率は87dB/2.83V/m。クロスオーバー周波数は2,200Hzで、最大入力は120Wとなる。

外観はブラックバッフル/ウォールナット・キャビネット仕上げを採用。外形寸法は527W×185H×242Dmm、質量は10.1kg。