ソニーは、360 Reality Audioに対応するワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」と「SRS-RA3000」の2モデルを4月16日より発売する。価格はいずれもオープンだが、市場想定価格は「SRS-RA5000」が66,000円(税込)、「SRS-RA3000」が36,000円(税込)。

ユニットの配置が通常のステレオスピーカーと異なり天井方向にも向いているため、音が水平方向だけではなく高さ方向にも広がることで、音楽に包まれる空間を作り出すことができる「Ambient Room-Filling Sound」を特徴としている。スイートスポットも広く、部屋のどこにいても均一な音質を体験できるという。

Bluetoothは4.2に対応、またWi-Fiからの再生も可能で、Spotify Connect、Google Chromecastに対応。また一部のブラビアのTVとBluetoothで接続し、低遅延でTVの音をスピーカーに飛ばすこともできる(対応機種:A9S、Z9H、A8H、X9500H、X8550H、X8500Hシリーズ(2020年モデル))。

また、ステレオ音源でも擬似的なサラウンドを実現できるImmersive Audio Enhancement機能を搭載する。サウンドキャリブレーション機能では、周囲の環境を測定し最適な音のバランスを自動で補正。自動音量補正機能では、たとえばストリーミングサービスなどで曲と曲の間に急激な音量の変化があっても、スピーカーで音量を調整してくれる。

SRS-RA5000は、水平スピーカー3基、サブウーファー1基に加え、上向きスピーカー3基も搭載した6.1chシステム。上向きスピーカーの天井反射を利用し、高さ方向の音場も表現する。

S-Master HXを搭載しハイレゾ音源の再生にも対応、高域を補正するDSEEも搭載する。サイズは235W×329H×225Dmmで、質量は約4.9kg。

SRS-RA3000はフルレンジスピーカー1基にパッシブラジエーター2基で構成される。さらに、全方向へ音を拡散するオムニディフューザーをトップに配置、また側面に取り付けられた2基のビームトゥイーターで、天井に効果的に音を反射させることで、上下方向の音場を実現している。

防湿にも対応、DSEEも搭載する。サイズは146W×247H×155Dmmで、質量は約2.5kg。ブラックとライトグレーをラインナップする。

なお、2台組み合わせてのステレオ再生には対応しない。