衛星デジタル音楽放送サービス『ミュージックバード』は、交響曲を専門にオンエアするチャンネル「SYMPHONIC【Premium】」を本日4月1日から新たにスタートさせた。

オーケストラの最新録音を中心に、「極上のシンフォニック・サウンドを24時間お楽しみいただけるチャンネル」だとアピール。辻井伸行(P)、佐渡裕指揮、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団による『佐渡裕×辻井 伸行 ラヴェル作品集』、P. ヤルヴィ指揮、NHK交響楽団による『ストラヴィンスキー:3楽章の交響曲・カルタ遊び・ミューズの神を率いるアポロ』、ジョン・ウィリアムズ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、アンネゾフィー・ムター(Vn)による『ジョン・ウィリアムズ ライヴ・イン・ウィーン』などを4月にオンエアする。

また、クラシック専門チャンネル 「THE CLASSIC【Premium】」でも新番組をスタート。日本レコード・アカデミー賞の審査委員長も務める音楽評論家、金子建志をパーソナリティに迎えた「金子建志の新スペシャル・セレクション」や、アマデウス弦楽四重奏団に師事したクラリネット奏者の近藤良が、室内楽の魅力を案内する「カンマー・ムジーク・コンサート〜室内楽への誘い」、毎月ひとつのテーマをもとにおすすめの高音質アルバムを紹介する「ハイレゾ・クラシック」を新たに放送する。

ミュージックバードはTOKYO FMグループの衛星デジタル音楽放送局。専用の衛星チューナーとパラボラアンテナを使用することで、一般的なテレビやラジオよりも高音質な24bitで音楽を楽しむことが可能。新チャンネルや新番組の詳細は公式サイトで確認できる。