ティアックは、ネットワーク機能搭載USB-DAC「UD-701N」の発売を、当初予定の5月29日から延期するとアナウンスした。

延期の理由について同社は「一部パーツの入手の問題」と説明している。変更後の発売日が決まり次第、あらためて告知される。

UD-701Nは、Referenceシリーズ初のフルサイズコンポ “701シリーズ” として発表されたモデル。価格は382,800円(税込)、カラーはシルバー/ブラック。

最大DSD22.5MHz、PCMは384kHz/32bitまでに対応するネットワークプレーヤー/USB-DACで、独自開発のTEAC ⊿ΣディスクリートDACを搭載し、MQAフルデコード機能も備える。BluetoothコーデックはSBC/AAC/aptXのほか、aptX HD/LDAC/LHDCといった高音質コーデックにも対応する。

同じ701シリーズのフルサイズコンポでは、NCoreモジュールを搭載したパワーアンプ「AP-701」もラインナップしている。こちらは4月17日発売で、価格は327,800円(税込)。