太陽インターナショナルは、同社が取り扱うJeff Rowland D.G.ブランドより、プリアンプ「Capri SC」を発表した。価格は836,000円(税込)。

前モデル「Capri S2」の電源部にSC(スーパーキャップ)コンデンサーを搭載することで音質強化を図った新モデル。電源部に最新型スーパーキャップサーキットを加えることでパワーノイズを大幅に低下させることに成功したという。

新たな基準で選別した6061ハードアルミ塊を削ったモノコックボディを採用。これによって振動から内部の部品を守ると同時に、オーディオ回路を電磁波など有害電波の進入から保護している。また、回路自体も非常にコンパクトな基盤に精度の高いパーツを搭載したとのことで、これによってハイスピード化を図っている。

ボリュームコントロールはデュアルレートコントロールで、100dBほどのレンジを非常に高い精度でコントロール可能だと説明。頻繁に使われる部分を簡単に操作できるように設計したとしている。

R/L両チャンネルに高性能入力トランスを配備し、RFおよび電磁波に対策。また、回路基板を一新しノイズレベルをさらに低下させている。

リアパネルの入力端子はアンバランス(RCA)2系統、バランス(XLR)2系統に加え、バイパス入力(アンバランス/RCA)も装備。そのほか付属リモコンでは、5チャンネルの入力切換ボタンに加え、バイパス、ボリューム、ミュート、バランス、フェイズ、ディスプレイ照度On/Offの各操作が行える。

MM/MC対応のフォノモジュールをオプションとして用意。ユーザーが使用しているカートリッジに合わせて4通りの設定が可能で、設定方法など詳しくは販売店、または同社まで問い合わせるよう案内している。